『論より証拠』 おっしーBLOG

スカートが履きたいです!小学校時代からずっと気にして来た足の太さ。

【神戸サロンへ掛ける想い】。

ダイエット系の痩身エステサロンは巷に数多く存在しますが、下半身ダイエットに特化した整体サロンはそう多くありません。

下半身ダイエットへ掛ける想い・・・これまでどんなツライ想いや、悔しい想いを抱えて過ごしてきたか。

ようやく神戸サロンを探し当ててくださったお客様おひとり、おひとりの想い。【脚を細くしたい】という共通項はあるものの、ここまで辿り着くまでのストーリーは様々です。

今回ご紹介するYさん(49歳 156センチ)

見た目には痩せ体型であるYさん。

初回計測時での体重は47.0キロ。体脂肪率は22.5%。

そんなYさんから届いた【神戸サロンへ掛ける想い】には、遡れば40年近くのコンプレックスである脚の太さに対する想いがたくさん詰まっていました。

スカートが履きたいです!

小学校時代からずっと気にして来た足の太さ。

ふくらはぎと前腿はパンパンなのに、膝上はブヨブヨでゾウの足のようなシワが寄っています。

ダイエットしたら足以外はすぐに痩せられるのに、この足だけは(ー ー;)ずっと前に、Yさんは横から見たら細いね、と知人に笑われながら言われ、それがズバリその通り、気にしていることを指摘されたのでガクッときました。

お腹は出ていてもいいから(隠せるから)外国人のようにすらっとした足が欲しい、とずっと思っています。


以前からもいろんな脚やせやダイエット方法は試していましたが、どれも長続がしません。

結果が出ないうちに、諦めてしまうからですが、20代の頃からは大転子の出っ張りが気になり始め、何を頑張っても、この大転子の出っ張りの為に効果が出ないのでは?この頑張りは私には無駄かもしれない、けど実際のところはどうなのか?やらないよりやったほうがいいのか?...ずっと気持ちに引っかかりを持ったまま、30年近く過ぎてしまい、今年50歳になります。

もう何年もスカートをはいていません。

冠婚葬祭、子供の学校の式以外は。太い足を隠すために、ピチピチでもズボンです。そのほうが安心します。

歳いってるのにムチっとした足がイヤです。

いっそのこと、元気のないほっそいガリガリ足の方がパンツが似合うからいい、とまで思うくらい。

この何十年もの間の、常にどこか自分に自信がないモヤモヤした感じは、足が細くなったら変われる、とずっと思っています。

脚やせ、大転子で検索したところ、おお〜っ!でも中目黒?行かれへんやん!と思ってたら何と神戸に!希望の光が見えました。

気持ちの強さだけで脚が細くなるわけでも、下半身ダイエットが成功するわけでもありません。

出来なそう。大変そう。しんどそう。

これは、一般的なダイエットの先行イメージ。

一般的なダイエットとはだいぶ違う観点を持つナカメ式ダイエットは、

とりあえずやってみようかな。簡単そうかな。なんとなく面白そう。

最初の一週間こそ、物珍しい興味部分で試してみるだけでOK。

さて、初回の施術を受けてのYさんから届いたメールです。

今日は、第一回目の施術ありがとうございました。


体脂肪がそう高くはないとの事で、初めはこのナカメルールだけでは私が思い描いていたように細くなりにくいかも?あなたにはナカメ式は向いていません、と言われちゃうかも?と不安がよぎりました。


でも、できる限りナカメルールを守ったら体についている脂肪がエネルギーとして使われていく、という事は私の場合殆どの余分な脂肪が下半身についているので、これはやっぱり足が細くなるって事ではないのか?と、前向きに考え直し、今ワクワクしています。

足指バンドを装着してもらったからだと思いますが、帰り道、歩きやすくなっていました。帰って裸足で立ってみると、内くるぶしがぴたりとくっついて、どこにも力を入れずスッと立つ事ができ、足がまっすぐ細くなる予感がしました。

初日から間食はもちろんしていません。晩御飯が楽しみです。

ダイエット期間であっても食事を楽しめるワクワク感。

初回から体感出来るナカメ式足指バンドの即効性。身体の変化のワクワク感。

脚が細くなった自分を思い描くワクワク感。

下半身太りという長年のコンプレックスを解消する一歩は、ほんのちょっとの勇気と、新しいものへの好奇心・・・かもしれませんね。

50歳という成熟した女性に突入する大切な時期。

素敵なスカートを穿いてオシャレを楽しむ・・・そんな自信に満ちたYさんの未来の姿が今から楽しみです(*^^*)

下半身ダイエットお申込み
       

論より証拠】のナカメダイエットってどんなダイエット