『論より証拠』 おっしーBLOG

始める前は、正直ここまで下半身が痩せるとは信じていなかったのですが、最終目的である"白いパンツをキレイに履きこなす"という目標を達成出来た時の喜びは、近年まれに見るものでしたよ 笑

ナカメ式ダイエットの卒業時期は、お客様自身が納得した上で決められます。

先日、おっしーブログでもご紹介したSさんから届いた卒業宣言です♪

Sです、おはようございます!

昨日セオリーに行って、一番人気というストレッチパンツを試着して来ました。

9号をキレイに履く事が出来ました! (^o^)v

ちょっとお尻がプリっとなっていましたが、友達もお店の方もキレイに履けているとお墨付きをもらいました (*´∀`)


その後で、ビアズリーに行って前から気になっていたワイドパンツを、これまたスッキリ履く事が出来たので購入し、みんなに「痩せましたねー!」と誉めてもらってホクホク顔で帰りました。


セオリーの7号まではいかなくても、自分では十分達成感を味わっていますので、この良いイメージの時に卒業したいと思います !

今日でひとまずは先生とお会い出来なくなるのがものすごく寂しいですが、これからも今の体型をキープ出来るように生活していきたいと思っています。

十分過ぎるほど脚を細く出来たことが何よりも嬉しいと語ってくれたSさん。

卒業を決めた10回目の計測では、体重51.6キロ。体脂肪率24.0%。脚の皮下脂肪率は29.2%。2か月間で7キロの減量に成功されています。

最後の施術を終えての感想メールでは、



今日は今回のダイエットの最後の施術をありがとうございました。

本当に毎週先生にお会いできるのが楽しみだったので、今朝はすごく寂しい思いでメールを送りました。


でも、今回の目標である、『キレイにパンツを履きこなしたい』というのを達成したので、帰りは清々しい気持ちで、早速大好きなパン屋さんで一人卒業打ち上げをしました。


途中で他の方のメールを読むと、また色んな情報が入って頭でっかちになってはいけないと思って、あえて読んでなかったんですが、パンを食べながら他の方の卒業メールを見ていると、苦労したことや、嬉しかった事が手に取るように理解できて、私自身もすごく達成感を味わっていたので、「分かる分かる~!」とちょっとウルウルしてしまいました 笑

先生の「とりあえずやってみる」というアドバイスが、ダイエットにかんしてだけではなくて、息子さんが自分のお弁当箱をちゃんと洗って書類を出すようになったというように、人との接し方にも活かされたというのもすごく納得でした。


一人鼻をすすりながら食べたパンの味は、本当に最高でしたよ (*≧∀≦*)こんな達成感を味わえたのは何年振りかなぁ??


今、卒業メールの内容を考えているところですので、またまとまりましたら、改めて送らせていただきますね。


取り急ぎお礼まで・・。2ヶ月間、本当にありがとうございました。

そして、感動冷めやらぬうちに届いたホヤホヤのご卒業メールです。

先生、こんにちは♪

私は今、アイスクリームとカスタードクリームがたっぷり乗ったワッフルを頬張りながらこの卒業メールを書いています 笑


色々とダイエットを始めた頃の自分を思い返してみると、とにかく痩せるためには"頑張らないと!""努力しないと!""我慢しないと!"という変な先入観で頭がガチガチになっていたように思います。

だから、先生に「頑張らなくてもいいんですよ」と言われても、"頑張らないと痩せるわけがない!"となかなか考え方を変える事が出来ませんでした。


だから、昼ごはんのサラダや晩ごはんのお肉やシーフードを「もう要らない!」と思うぐらいたくさん食べるようにアドバイスをいただいても、"食べる=太る"という考えを捨てきれずに中途半端な量しか食べないので、すぐにお腹がすいて間食をしたくなり、イライラしてしまったり・・・。

先生に「頭で考えるのではなくて、とりあえず試してみてください。」と言われて、恐々晩ごはんでお肉をひたすら食べてみると、次の日の朝の体重が余分には増えていなくて、あれっ?!と思ったり、炭水化物は抜かないと!と思って昼ごはんのサラダは葉物野菜だけにして空腹になりすぎていたのでシャガイモなどを食べてみると、腹持ちが良くなり晩ごはんまでストレスなく過ごせたり・・。

頭で考えすぎて試さないのではなくて、とりあえず試してみて、それが良い結果なら成功、もし悪い結果でも何故そうなったか原因を考えて次は違う方法を試してみればいいんだと身体で解った時に、"これなら続けられる"と自信を持つことが出来ました。



でも先生、ここまでたどり着くまでに1ヶ月位かかってしまって、それまでの私の変な固定観念に根気強くお付き合いしていただいて、本当に申し訳なく思っています(;^_^A


今思うと、ただああしろ、こうしろと言われた事をするだけだったら、ダイエット期間中は痩せられても、卒業した後にリバウンドしない工夫とかが出来なかったんじゃないかと・・・。



今回のダイエットでは絶対に痩せる訳がないと思っていた下半身が痩せたのはもちろんですが、身体の歪みを整えていただいたおかげで、立ったまま靴下でもストッキングでもふらつく事なく履けるようになったり、座るときも足を組んでいる方が違和感があるようになったり、身体のバランスも整ってきたように思います。



始める前は、正直ここまで下半身が痩せるとは信じていなかったのですが、最終目的である"白いパンツをキレイに履きこなす"という目標を達成出来た時の喜びは、近年まれに見るものでしたよ 笑


もうお尻を隠さなくてもスリムなパンツが履けると思うと、今までは躊躇していた試着もドンドン出来そうです♪


先生、飲み込みの遅い私を見捨てる事なくご指導いただいて、本当にありがとうございました。


もしリバウンドしてしまったり、新たな目標が出来た時は、またよろしくお願いいたします。

新しいことを試さずに、自分のこれまでの経験値だけを物差しにして、行動にストップをかけてしまう。

誰しも、未知の事へチャレンジする時には慎重になってしまいますよね。出来れば失敗したくない。出来る事なら最短の方法で成功したい。

でも、このやり方で成功出来るかどうか?というと、ナカメ式ダイエットにおいての答えは『NO』です。

とにかく痩せるためには"頑張らないと!""努力しないと!""我慢しないと!"という変な先入観で頭がガチガチになっていたように思います。

だから、先生に「頑張らなくてもいいんですよ」と言われても、"頑張らないと痩せるわけがない!"となかなか考え方を変える事が出来ませんでした。

考えを変えることは簡単ではありません。もちろん無理やり変えることなんて出来ません。出来るとすれば、これまでと違ったことを初めてチャレンジした時に見えた事、感じた事。


だから、

昼ごはんのサラダや晩ごはんのお肉やシーフードを「もう要らない!」と思うぐらいたくさん食べるようにアドバイスをいただいても、"食べる=太る"という 考えを捨てきれずに中途半端な量しか食べないので、すぐにお腹がすいて間食をしたくなり、イライラしてしまったり・・・。

身体のサインは、明らかにストレスを感じている=ダイエットではうまくいっていない方向であれば、

先生に「頭で考えるのではなくて、とりあえず試してみてください。」と言われて、恐々晩ごはんでお肉をひたすら食べてみると、次の日の朝の体重が余分には 増えていなくて、あれっ?!と思ったり、炭水化物は抜かないと!と思って昼ごはんのサラダは葉物野菜だけにして空腹になりすぎていたのでシャガイモなどを 食べてみると、腹持ちが良くなり晩ごはんまでストレスなく過ごせたり・・。

違うことをやってみて、それ以前と比較をして、自分がどう感じたか。ここまでの一連の流れをベースにすれば、自ずと固定観念と捉えていた考えも違う角度から見ることが出来るようになります。

まずは、手足を使い、身体を使って行動してみること。体感して初めて、次にアタマを使う・分析してみる・考える。

この繰り返しの行動の末に、初めて固定観念という思い込みにも変化が生まれてきます。

ストレスを感じなく過ごせているなら、そのチャレンジは◎。この繰り返しの中で、

頭で考えすぎて試さないのではなくて、とりあえず試してみて、それが良い結果なら成功、もし悪い結果でも何故そうなったか原因を考えて次は違う方法を試してみればいいんだと身体で解った時に、"これなら続けられる"と自信を持つことが出来ました。


身体で体感してこそ、初めて『解かった』に繋がります。

卒業後の、後日談。

私のその後なのですが、土曜日は仕事先で、細くなった、一回り小さくなった、お腹がペッタンコになった、と誉めてもらい、今日妹とその友達が遊びに来てたんですけど、ほんまに痩せた、若くなったと絶賛してもらい、思わず「もっとちょうだいーっ!」とはしゃいでしまいました。

ダイエットを無理なく続けられたことへの自信。


数値に囚われることなく、淡々と粛々とやるべきことを遂行できた自信。


その結果で手に入れた自分の理想とする体型への自信。

三拍子揃っての、自信に満ち溢れたご卒業です(^^)♪

下半身ダイエットお申込み
       

論より証拠】のナカメダイエットってどんなダイエット