『論より証拠』 おっしーBLOG

ナカメダイエットの手引きを読んで何だか理解した気になっていました。

2か月が経過して延長コースに入られたKさん(57歳  151センチ)

ちょうど気持ちを引き締めるのと、これまでやってきた事を振り返ってみるのは良いタイミングかも


ということで、届いた振り返りメールです。

今日はありがとうございました。


都合がつかなくて二週間も開いてしまいました。


今回は改めて初心に返ることができました。


初めてのサロンで、ナカメダイエットの手引きを頂き説明を受け、自分でも自宅に帰って手引きを読んで何だか理解した気になっていました。


それが、実際は簡単なものではなく実際に体験して見に染み込むものだと段々理解できてきた昨今でした。


朝は水分を十分に取り、トイレに通うことで、身体が軽くなっていく感じ、夜眠れなくて朝になって体重計に全く変化がなかった時には睡眠の重要性が実感できました。


ダイエットホリデーに思う存分好きなものを食べようと思っていたのに、すぐお腹がいっぱいになってしまい、嗜好もいつの間にか変化していたことを知りちょっとびっくりもしました。


そんなこんなの変化を楽しく嬉しく思っていたのに、仕事が大変だったり、実生活で色々起こって心が疲れたりすると、気持ちが少し折れてしまうのです。


それが今日は神戸サロンに伺い、押切先生とお話しして、また最初の頃の気持ちを新鮮なあのときの気持ちが蘇ってきたような。


ありがとうございました。


自分の為に頑張ります


今後もよろしくお願いします。m(__)m

もともと全身痩せのご希望で、大幅な体重減を望んでのスタート。

スタート時77.7キロだった体重は、すでに71.2キロと6キロ減。

過去にやったダイエットで一番イヤな想いをした体験では、


一度補正下着で成功したことがあります。


ただ無理なダイエットと併行したためすぐリバウンドをしました。


何年か後、細かった時の写真を知り合いから見せられ、久しぶりに見た写真で誰かわからなかったと言われたことがあります。


無理なダイエットは決して続かないと思いました。

Kさんにとってナカメ式ダイエットは、『無理なダイエット』ではありませんでした。


それはなぜか?

過去のダイエットでの『嫌な思い』『苦しい思い』『ツライ思い』こうしたすでに経験したどれひとつも当てはまらなかったということ。

ダイエットホリデーに思う存分好きなものを食べようと思っていたのに、すぐお腹がいっぱいになってしまい、嗜好もいつの間にか変化していたことを知りちょっとびっくりもしました。

食べたいものを好きなだけ食べられるダイエットホリデーを上手に作ることで我慢をする必要がありません。

人は食べてはダメと言われれば、抑制する力や押さえつけられる力が強ければ強いほど反発する力も大きくなります。

意志の力が強すぎても、(食べたいものを)我慢→(食べたいけど)耐える→(食べないように)努力する。こうした負のスパイラルを作ってしまいます。

ナカメダイエットの手引きを頂き説明を受け、自分でも自宅に帰って手引きを読んで何だか理解した気になっていました。

本当の理解=腑に落ちるということは、行動とセットになった経験を積むしか学べません。

夜眠れなくて朝になって体重計に全く変化がなかった時には睡眠の重要性が実感できました。

【寝る子は痩せる】言うのは簡単です。でも実際に経験することで、自分にとっての必要性と重要度が意識に上がります。

意識に上がれば、後は『自分にとってプラスになること』は継続し続ければいいだけです(^^)

下半身ダイエットお申込み
       

論より証拠】のナカメダイエットってどんなダイエット