『論より証拠』 おっしーBLOG

それ以上の付加価値を、言わずとせずに提供できることこそ本物のプロ。ナカメの施術はまさにそのものです。

  • 投稿日:
  • by
1年ぶりの再開コースでお越しになられていたOさん(52歳  152センチ) 毎週、ご友人と一緒に連続のご予約時間をお取り頂き、遠方岡山から通われていたお客様です。 夏の終わりに始まった下半身ダイエット。
『来年年明けにはまた以前キレイに穿けていたジーンズが穿けるようになるかな~』
ご卒業時期は人それぞれ。何を持って満足と感じるかも人それぞれです。 再開スタート時の体重は、58.2キロ。体脂肪率は、31.1%。脚の皮下脂肪率は、35.9%でした。 17回目計測での体重は、51.6キロ。体脂肪率は、29.4%。脚の皮下脂肪率は、33.6%になっています。
今回の再開は落とすだけでなく、上手に維持が出来るようになるのも大きな目標の一つでした。 クリスマス、年末年始を前に、脚もスッキリして今まで自分を甘やかして(欺いて?)穿いていたパンツは全てブカブカに、見た目の脚のラインにも、満足いくようになったので、ここで卒業しようと思います。
そして、年明けに届いた再開ご卒業メールです。
ご無沙汰しております。 卒業してから早1ヶ月。 クリスマス、お正月と危険な日々を過ごし、1月2日には体重2kg増と、リアルデンジャラスゾーンに入りそうになりましたが、今は、卒業時の体重とあまり変わらない体重まで戻ってきました。 体脂肪は多分増えていると思いますが(^_^;) でも、今までみたいにデンジャラスゾーンから一気にそのまま増えることなく過ごせたのはなんでかな?と、自分なりに考えてみました。
①朝晩きちんと体重を計ること。そしてそれをグラフにきちんと書く。 ②増えたら翌日に調整する。戻りが悪かったらその翌日も調整する。 ③ニューコンセプトも続けてます(^^)v
①と②は今までもできて当たり前のことだったのですが、怠け癖のある私はすぐに挫折してました。が、今度は絶対「再開ではなくメンテナンスに行く」という決意がありましたので、きちんと続けられました。3度目でやっとですw ③はなんとなく忘れたときは、翌朝の体重の減り方が少ない傾向にあるような感じです。 あと④おなかがすいてから食べる。 今までは時間だから食べるという感じだったのですが、職場も変わり、わりと「今食べとかないと」という感じではなくおなかがすいてなければ何も食べずに休憩時間を過ごせるようになったのも大きいです。 おかげ様で22インチユニクロが今でも入ります。が、やっぱりちょっとだんだんとプヨプヨ感が強まってきたような気がします。 と、いうことでまた2月にメンテナンスに伺います。 またおっしー先生に会えるのがとっても楽しみです。そして苦楽園のあの町並みに行けるのも...。 それではよろしくお願いします。
Oさんのナカメ式ダイエットチャレンジは、3回目。再々再開コース。
おっしー先生、こんばんは。 今日もありがとうございました。 そして、またもや新しい体験をさせていただきました。先生が何やらジュモンのようにつぶやきながら背中をなぞったり、押さえたりしていただいただけであら不思議。背中がポカポカしてきました。で、ふと気づくと肩が軽い!ってか肩が凝ってたんだわ、私。 日頃酷い肩こりの私は肩が重い状態に慣れてしまって気づかずにいたことを実感したのでした。 今回お世話になるのが3回目(;^_^Aである私はナカメが進化し続けているのはよくわかっているつもりでしたが、すごいスピードでどんどん新しいものを取り入れるということは常により効果的なものを求めて研究なさっているということですよね。 今回結構自分にとってはしんどいところからのスタートでしたが、ますます効果を期待してしまいます
3年近くの時を経て、尚、進化しているナカメ式施術に驚き、期待を寄せてくださるお客様のこうした感想メールは、施術者として大変励みになります。 いくら素晴らしい技術、革新されているものを身内で褒め合ったところで、一番喜んで頂きたいお客様にご満足頂けなければ意味がありません。 Oさんは、お顔の見えないお客様とのコミュニケーションが必要とされるご職業のスペシャリスト。 施術中の会話の端々に、とても勉強になり共感できる話もとても多いです。
こちらがマニュアル通りの当たり前として提供する情報も、お客様にとっては当たり前でないこともある。 それを察して対応することが一番必要なスキル。マニュアル通りに仕事をするのは、お給料を頂いている以上当たり前の事。 それ以上の付加価値を、言わずとせずに提供できることこそ本物のプロ。
世の中には凄い事をやってのけた人が偉いわけではないことを、常々感じます。 人生のお手本は、年齢、職種問わず、常に自分に気づきを与えてくれる存在すべてなのだと。 お仕事をさせて頂きながら、こうした出会いの多い、この神戸サロンは私にとって学びの宝箱のような存在です(^^)
下半身ダイエットお申込み
       

論より証拠】のナカメダイエットってどんなダイエット