『論より証拠』 おっしーBLOG

子供の頃はガリガリであだ名は「骨川筋子」や「オリーブ」だったのですが、結婚し出産後から徐々に太りだし今は人生で一番大きく成長してしまいました。

  • 投稿日:
  • by
とりとめのない話になりましたが、卒業メールはまた改めて書かせて頂きますが、先生、少し長い期間となりましたが、ありがとうございました。


先生とだから頑張れた…?いえ、楽しめたダイエットでした。


3か月のナカメ式ダイエット生活で6キロ減を達成されたMさん(42歳 171センチ)


ご本人から後日届く。。。であろうご卒業メールを待って、数値詳細はご紹介しようと思います。


Mさんの下半身痩せダイエットはこんな想いから始まりました。



子供の頃はガリガリであだ名は「骨川筋子」や「オリーブ」だったのですが、結婚し出産後から徐々に太りだし今は人生で一番大きく成長してしまいました。

いつか痩せるはずなんて暢気に構えていましたが、どんどん太り続けてしまい、意志の弱い自分だけの力では…

服でごまかすのももう無理があり、下の娘が小学生になり自分の時間がとれるようになったのを機に「絶対痩せたい」「いつ痩せるの?今でしょ!」と一念発起頑張る所存です。


多くのお客様よりよく耳にするワードの中に、


意志の弱い自分

という言葉を良く耳にします。


でも、ナカメ式ダイエットは意志が弱い方こそ、チャレンジしやすいダイエットであると思います。

それはなぜか?


【出来なくて当たり前】【ルールは守れなくて当然】といった観点からの目線で、自分にとって、



何が守れないのか?どんな時に守れなくなるのか?その時どんな想いをしたか?


を見つめていく作業を繰り返して行きます。


その中での気づきとして、



私の場合、食べたいという欲求よりも、『もったいない!』という気持ちで子どもの残りの一口、また一口と口にする習慣があったように思います。


ダイエットとは、食べたいものを思う存分食べられないひもじさとの戦いといったイメージでしたが、ナカメ式ダイエットは明らかに違います。

『もう、お腹いっぱい~』と思える程食べられるし、食べたかったらとことん食べたらいい。


だから、子供の残したその一口の食べ物・・・これを目の前にした時には思い出すようにしています。というか、自然と先生のお顔が頭を過ぎります。『Mさん、今その一口どうしても食べたいですか?』


一呼吸、考える癖、選択することの大切さと選べるという自由を、改めてダイエットしながら学んだような気がします。


もちろんこれまでの生活を見直すだけでなく、一番の目的だったサイズの変化はというと、

最近、急に身体のラインが変わったような気がして自分でもびっくりしてます
下半身ダイエットお申込み
       

論より証拠】のナカメダイエットってどんなダイエット