『論より証拠』 おっしーBLOG

施術の際にベッドにうつぶせになっても肩に違和感なくいられます。以前ならこの姿勢すら違和感と痛みが走り、肩をつけることも出来ませんでした。

  • 投稿日:
  • by

3回目を終了されているIさん(53歳 156センチ)



施術の回を重ねる程に変化する身体が不思議です。


早くも身体に起こった嬉しい変化のご報告がありました。

まだ通い始めて3回ですが、施術してもらうごとに右肩の上がり具合が楽になってきました。


整体やマッサージに通ってもさほど変化を感じなかったので、正直この短期間での変化はびっくりです。

施術の際にベッドにうつぶせになっても肩に違和感なくいられます。以前ならこの姿勢すら違和感と痛みが走り、肩をつけることも出来ませんでした。


これまで朝起きてから起き上がるまでに一苦労。階段を一段、一段片足づつ降りなければならなかったのも嘘のようです。


体重も順調に落ちていて、大好きなワンピースも久々に着てみると『あれ?丈が少し長くなってるのは気のせいかな』と感じたところでした。


どうも腰回りや、お尻の辺りがスッキリしたので、生地が張らなくなったようです。


ニット地のワンピースでこの変化を感じられるので、これからの試着も楽しみになってきました。


初回体重は66.1キロ。体脂肪率は34.9%。脚の皮下脂肪率は40.5%。


3回目の計測で体重は64.3キロ。体脂肪率は34.5%。脚の皮下脂肪率は39.9%。


ダイエットをスタートして、早い段階で、『体重の計測が楽しみになってきました』ではなく、『試着が楽しみになってきました』と自然と口から発せられるようになっていれば、ナカメ式ダイエットの成功軌道にほぼ乗りつつあります。


だから、



これまでカロリーや、脂質を減らして食事に気を付けてきたのはダイエットにとって無駄だったということでしょうか??


その答えは、それが楽に楽しめて実践出来ていたかで判断してもらうことが一番ですね。

ナカメ式ダイエットに、頑張りや努力や根性が必要ないと言えるのは、ルールを守る中に【やらされている】という概念が必要ないから。


例えば、

正直、最初は面倒だなと思っていたあのチェック表ですが、毎日●が付くかつかないかだけ、項目に沿って生活していたら、いつのまにか毎日飲んでいた朝のカフェオレを飲まなくても平気になっていました。


私、たぶん『やめなさい』と咎められていたら、絶対あまのじゃくだから飲み続けていたと思います。


それに自分でも言うのも変ですが、これは絶対に止められない習慣のようなものだから、よほど意志を強く持たなければいけないし、成功するまでは絶対に飲まないと固く決意しようと思っていました。


もともと下半身ダイエットを成功させたくてご来店されているお客様ばかり。


また、キレイに痩せたいという切なる願いは人一倍です。

だからこそ、強固な意志も、決意も必要ないのです。
必要なのは、ナカメ式ルールを実践してみる事。それでどうなったかを体感すること。
その毎日の積み重ねの結果、どうだったか、どうなったか、どう感じたか。

だから、一度でも『昨日よりちょっと数値が落ちている』という経験、試着して『ゆとりが出来た・下のサイズが穿けた』という体感さえしてしまえば、あとはそのまま良い習慣を続けるだけで十分。

何だかダイエットしている気がしないです。でも、確実に身体が良くなっているのを感じるのでこれからが更に楽しみです。


年齢的に変なところに脂肪が付いて、落ちないのが当たり前と思っていた私にも、ほんの少し光が差してきたような気分です。

ダイエットに対する固定概念があるのは当然です。その期間が長ければ長いほど『~あるべき』がたくさんあるはずです。

さて、問題。


ナカメ式ダイエットをスタートした時に何を一番に捨てていくか。。。

答えは。。。


『~あるべき』というコレクションの数々。(^^)

下半身ダイエットお申込み
       

論より証拠】のナカメダイエットってどんなダイエット