『論より証拠』 おっしーBLOG

『甘いもの』と『ダイエット』。この2つを切り離さなかったから、私は甘いもの病から抜け出せました。

  • 投稿日:
  • by

ダイエットと甘いもの。


真逆のようで、密接に関連のあるこの2つ。


押切先生に神戸サロンでも甘い物好きの5本の指に入ると太鼓判を押していただいた私ですので…(烙印の間違い?!笑)


甘いもの好きなので、会社でのお土産を持ち帰り一週間ためていましたので…美味しそうなものだけセレクトして、先ほど食後に食べました。

どれも、そんなに美味しくなく…ちょっとガッカリ(><)

なので、甘いものを残してしまいました…。

甘い物好きなりの成長で~す!!美味しくないものを食べてまで太りたくないも~ん(笑)


どうせ食べるなら、美味しい甘いものをいただきまぁす♪

サロンをご卒業されたお客様からは、『上手に甘いものと付き合う方法が見つかりました』こんなお声も良く届きます。

まず、我慢は禁物。意志の力で欲求をコントロールすることは出来ません。


でも、ナカメ式ダイエットの2か月間の生活の中で、【選択肢を持つこと】をルール生活の中から体感していきます。

甘いもの好きなので、会社でのお土産を持ち帰り一週間ためていましたので…美味しそうなものだけセレクトして、

もちろん、会社で食べるもよし。梱包してあるものは持ち帰るのも良し。これも、自分で選ぶことから始まります。

ダイエット前は、毎食後にデザートを食べるのが日課になっていましたが、改めてナカメ式ダイエット生活を送る中で、お腹が満たされていないから食べたいのか、好きだから食べたいのか、何となく習慣になってしまって食べたいのか。食べたいから食べるのか。あるから食べるのか。

デザートや、甘いものが食べたくなる欲求も、理由がいくつもあるんだということが分かりました。

ただ単に甘いものが好きだから食べる。だから太る。だからリバウンドを繰り返す。


これを言い切ってしまうには忍びないです。

ナカメ式ルール生活の中で、下半身痩せ成功はもちろんの事、


改めて自分の生活を見直すことが出来た事が何よりも大きかったです。


甘いものが大好きで止められないと、自称甘いもの病と開き直っていた原因は、そもそも家族の為という大義名分でいつも洋菓子をストック買いしていた自分の行動が発端。


結局、みんなが食べなければ、『もったいないから』という、さも最もらしい理由を付けてすべて私の胃袋へ。


それじゃ、好きで食べているというより、理由は『もったいない』が発端の行動でしたね。


だから、『もったいない』にならない行動を選ぶようにします。


間食などの甘いもの。

食べたい時には、ちょこちょこ食べるような『一時の安心感』ではなく、とことん食べて『充足感』を満たすことが大切ですね。

これを掴めるかどうかがナカメ式ダイエット成功のカギですね(^^)


ま、『ちょこちょこ食べ』も『とことん食べ』も、体感することから始まります。

下半身ダイエットお申込み
       

論より証拠】のナカメダイエットってどんなダイエット