『論より証拠』 おっしーBLOG

8回目までに7%ほど落とされる方もいるのにどうして自分は落ちないのだろうかと。他にも原因があったりするのでしょうか?

  • 投稿日:
  • by

現在6回を終了しているCさんから届いたメールです。


『ナカメ式ダイエッターの中には、同じような想いで悩んだりしている方もいるかもしれないから』とブログへの掲載を快諾してくださいました。



こんばんは。Cです。

6回目も終わり、後2回となってしまったのですが、体脂肪がやはり不安になってきてしまいメールをさせていただきました。

まっちゃんBLOGを読んでいますと、2週間で体脂肪が4%落ちたとか、ちょっとずつでも確実に落としていき、8回目までに7%ほど落とされる方もいるのにどうして自分は落ちないのだろうかと。

もちろん、食事のとり方がまずかったのは分かっているのですが、他にも原因があったりするのでしょうか?
(例えば、もともとの脂肪の量や筋肉の量とか体温や血圧など)


それとも、やはり食事のとり方だけなのでしょうか?

ブログを読んでいるとへこんできました (T_T)女性の標準体脂肪は20%くらいと言われてますので、できればそこまで落としたかったのですが。
(そこまで落ちたら、見てびっくりな足になってるんだろうなぁ)


あと、いつも夕食の話ばかりでしたので気にしていなかったのですが、昼食はこれでいいのかと思い書いておくことにしました。


◎サラダ
◎脂肪0のヨーグルト
◎フルーツ(主にキウイとかリンゴとか)、
◎ホットの無脂肪牛乳
です。

もともと、ここにくる前はサラダ部分がシリアルでした。この中でNGはありますでしょうか?

悔いなく終わりたいですので、どうかよろしくお願いします m(_ _)m

チェック表にはほぼ●がつかない生活を送られているのに、体脂肪率だけが変化がないと悩まれていたCさん。


ナカメ式ルールに沿って生活をしているつもり、無意識のうちに良かれと捉えて行なっていた無意識の行動が、実は落ちない原因を作っているケースは多々あります。

Cさん

おはようございます。神戸サロンの押切です。

メール有難うございます。また、今の心境をお伝えくださって有難うございます。

Cさん、まずは頂いたメールですぐに数値が落ちない原因がありましたのでお伝えしますね。

◎サラダ
◎脂肪0のヨーグルト
◎フルーツ(主にキウイとかリンゴとか)、
◎ホットの無脂肪牛乳

サラダ以外は、すべてダメです。

すべて○で過ごしているチェック表のはずなのに、体脂肪率が落ちなかったのはこれが原因だと断言できます。

ナカメ式ダイエットの基本は、昼は葉物サラダです。


その中の葉物を変えたり(キャベツや、レタス、水菜などベースを変える)、トッピングとしてポテトサラダを乗せたり、根菜類などを少量乗せたりしてアレンジするのはOKです。

基本はサラダのみです。消化時間が短く、昼間の脂肪燃焼時間をより長く確保できるからです。

今日からでも、昼はサラダだけで過ごしてみてください。


食べてはいけない食材はなに一つないけれど、数値が落ちなくなったり、停滞気味になる食材というのはあります。


たとえば、乳製品やナッツ類など。でも、基本は食べても数値に影響なく落ちていればOK。

だから、ナカメ式ルールの中には同じようなもの食べないようにすることや、同じような傾向のものを食べないということで【同食しない】という項目があります。

身体にとって慣れを作るよりも、いろいろな栄養素を取り込んで反応のよい身体で過ごすことを目的とします。


きちんとルールを守っているのに、数値に変化が見られない時には、『同じようなものばかり食べていないか?』というのもチェック項目の一つ。

ナカメ式ダイエットで言えば、お昼は葉もの中心のサラダ。夜はお肉やお魚のメインディッシュ中心。


サラダで言えば、いつも同じ野菜ばかり摂っていないか?


毎日同じ食材ばかり摂っていないか?似たようなものばかり食べていないか?

夜のお肉やお魚も、種類の偏りが出ていないか?

こうしたことをひとつひとつ生活の中から顧みると、無意識の行動の傾向が見えてくることもあります。


原則、ナカメ式ルールをきちんと守れていれば、数値が落ちない原因は、必ず自分自身の行動の中に潜んでいるケースがほとんど。

おはようございます。Cです。 ありがとうございました。 もっと早くに伝えておくべきでした (>_<)


あれから、サラダのみランチで頑張っています。

ヨーグルトとフルーツは便秘にならないようにと日頃から食べていました。


マニュアルの10ページ目に『サラダを調達して単品おかずを足せばいい』という言葉がありましたので、サラダ以外にも軽くならいいのかなと思い込んでしまっていました (>_<)


良かれと思って自己解釈してしまうと、ルールは少し外れて『自己流ナカメ式ルール』に変わってしまいます。

でも、気づくことが出来て、軌道修正が出来るのも、一人でのダイエットではなく、二人で一緒に取り組んでいるからこその利点。


施術時間を大いに利用してもらうことで会話の中からも、ヒントとなる糸口は見つかるものです。


糸口さえみつかれば、あとは軌道修正するだけ(^^)

下半身ダイエットお申込み
       

論より証拠】のナカメダイエットってどんなダイエット