『論より証拠』 おっしーBLOG

ダイエット期間中に陥る【やってるつもり】【分かっているつもり】・・・という【つもり病】には要注意。

  • 投稿日:
  • by

ナカメ式ダイエット期間中に『つもり病』という病にかかるお客様がいらっしゃいます。

・食べてるつもり

・守っているつもり

・出来ているつもり

もちろん『つもり』だから、自分流にアレンジし過ぎていて、基本のナカメ式ルールからは大幅に逸れてしまっていることもあります。

その軌道修正を早い段階で行動に移すか、分かっているつもりでも実践しないかで大きな差が生まれてきます。

現在5回を終了しているHさんからのメールです。



押切先生



昨日は、たくさんのアドバイスありがとうございました。


当日、旦那が休みなのがわかったので息子を預けて、お伺いすることができました。


本日は、先生も休日ですね♪♪良い休日をお過ごしくださいね♪

 
私的には、体重が減ってきたので、先生に褒めてもらえるかな~とのんきに伺いましたが…
朝夜の体重が逆転している日が2日、ほぼ変わらない日が1日あり、先生を悩ませてしまいました(><)

それが、悪い兆候だとわかっていない私でした。(減ってると喜んでました…)

先生に色々原因をさぐっていただき、課題を3ついただきました。
守っているつもりのサラダメインと夜の肉・魚生活に問題があることが、今更ながらわかりました。

①サラダのトッピングレベルでない副菜(><)


②夜の肉の量の見直し

※6時に起床して、7時の時点で空腹である日が、ほとんどだったので肉の量が足らないんだと改めて自覚しました。


先生からの『10時くらいに第一次の空腹感がやってくる』の一言が目からウロコでした(><) 


それを目安に、食べすぎなのか、食べれてないのかを考えます!


イマイチ、自分で満腹感がわからないので…。どこか頭でっかちなのかもしれません。


③夜の水分量


先生からのご質問のときに、思いつかなかったのですが、アボガドもよくサラダのお供に登場します。
(それもアボガド丸々1個入れてます…トッピングレベルじゃないですね!?大好きなもので…(><)これも1週間封印し試してみます!!)

昨夜は、久しぶりにラム肉を食べました。

いつもどおり400グラムを基準に食べて、そこからまだ食べれるのか?お腹一杯なのか?自分に確認しながら…結果650グラム食べました。
(もしかしたら、もう少し食べれるのかなぁ…とも思ったのですが、満腹感がどれなのか、この一週間を自問自答しながら、試していきます!!)


6月30日(土)朝 47.6キロ  夜 48キロ(ラム食べました)
7月1日(日)朝47.4キロ

前日よりも0.2キロ減ったのと、夜と朝は0.6キロ減ってました!!(ラムを650グラムたべたのに…)


頑張ってはダメなのでしょうが、先生から頂いたアドバイスを生かせるよう日々頑張ります!!

施術中に、一週間の生活などのお話を伺っていると、無意識のうちに行なっている習慣などが見え隠れすることがあります。


『どうして夜のお肉・お魚がすぐにいっぱいになってしまうのか?』


原因として考えられる要因には、


・水分を摂りすぎていないか?

・食事時間の間隔が短すぎていないか?


・昼のサラダの量が多くないか?サラダ以外のものを多く摂っていないか?

候補をいくつかあげていくと、お客様本人には思い当たる節が見つかるものです。


Hさんの場合も、



葉物のサラダ・・・とは別に、もずくなどを食べたり、サラダには野菜だからといってアボガドをほぼ毎日1個丸丸入れていたり。。。


いつのまにか副菜やらトッピングの方がメインになっていました。

と、気づくことも。


もちろんそこでサラダの量と質の軌道修正をナカメ式ルールに沿って行なえば、



いつもどおり400グラムを基準に食べて、そこからまだ食べれるのか?お腹一杯なのか?自分に確認しながら…結果650グラム食べました。

(もしかしたら、もう少し食べれるのかなぁ…とも思ったのですが、満腹感がどれなのか、この一週間を自問自答しながら、試していきます!!)


6月30日(土)朝 47.6キロ  夜 48キロ(ラム食べました)
7月1日(日)朝47.4キロ

前日よりも0.2キロ減ったのと、夜と朝は0.6キロ減ってました!!(ラムを650グラムたべたのに…!!!)


食べる質を落とさず、しっかり量を食べても楽に痩せるのがナカメ式ダイエット。


食べる量を意図的に調整し、食べる質を落とし、自己流の解釈でナカメ式ルールを無視して数値を落とせばすぐにリバウンド。



頑張ってはダメなのでしょうが、先生から頂いたアドバイスを生かせるよう日々頑張ります!!

気付いた時に即行動に移せる素直さと、応用力こそが、下半身痩せ成功への近道だということも最近切に感じますね。

下半身ダイエットお申込み
       

論より証拠】のナカメダイエットってどんなダイエット