『論より証拠』 おっしーBLOG

ダイエット成功後の数値キープの食生活がいまいち掴めずに苦戦した1年でした。

  • 投稿日:
  • by
せっかく、先生から現状維持のコツのメールを頂いておきながら、前回、卒業してからメンテナンス中の食事が掴めないまま過ごしてしまい、結果勝手な思い込みでのリバウンドをしてしまいました。


今回はその反省点を踏まえて、きちんと短期間で落とすこと、あとは現状維持が上手に出来るようになることも目標です。


宜しくお願いします。


ということで再開されたOさん(30歳 165センチ)


約1年前の卒業時期から5キロのリバウンドでの再開。


再開時は50.1キロだった体重は、4回目で47・3キロ

体脂肪率は、24・3%から18・5%。


脚の皮下脂肪率は、29・9%から25・9%。


体脂肪率18%は、これ以上落とす必要がないほどの数値だから、あとは上手に現状維持生活に移行することが目標。


リバウンドしてしまった要因には、



先生に指摘されたように、以前はご飯を食べたら太ると勝手に思い込んでいて、お昼はサラダが基本で、食べるならパンちょっと。


夜も体重が増えている時は食べる量を減らしていても、全然お腹がいっぱいにならなくて、結局食後のデザートなどを食べていました。それでも全然痩せないし、落ちないしで逆効果

ナカメ式ダイエットでも落とすこと以上に必要なのが、キープをすること。


2か月間で痩せた身体であれば、同じ期間をかけて身体は痩せた身体に慣れようとします。

食べないで痩せるのではなくて、食べて痩せる・維持させる。


量を減らすのではなくて、質を落とさない。

これは、メンテナンス中の食事バランスでも同じことです。



主食を食べただけで急に体重が増えて、慌てて食事を抜いたり、軽めにすることでなんとかキープ。


でも、体重幅の増減が広すぎて慌ててしまいます。

普段の食事量をセーブし過ぎると、身体は省エネモードになってしまいますから、本来食べたものを消費するエネルギーでさえもセーブしてしまいます。


・身体の声に反しての絶食をしない

・食べる質や、量を考える


この2点だけ気を付けて卒業後の食事に移行したOさん。



卒業して、きちんとお昼に定食のような食事を摂ってみると、夜のお腹の空き具合はさほどひどくなくなりました。


甘いものも前はいつでも食べたくて、止められなくて、我慢している感があったのですが、食べたい時に少し食べるだけで満足できるようになりました。


何より、食べてはいけないという意識がなくなり、食べるものをチョイスするだけでこんなに楽にキープ出来るんだと正直驚いています。


痩せた体重を維持する為に、食べない選択ではなく、先生がおっしゃる『食べる質を考える』がようやく掴めた感じがします。


今回の再開は数値を落とせただけでなく、簡単にキープ出来る方法も学んだ1か月間でした。


卒業から1か月後、初めてのメンテナンス。

体重は46・9キロ。体脂肪率18・2%。


食べても数値はキープが出来て、更に身体は締まるということを、身を持って感じて頂けて良かったです(^^)

下半身ダイエットお申込み
       

論より証拠】のナカメダイエットってどんなダイエット