『論より証拠』 おっしーBLOG

ナカメ式ダイエットルールは、あまりにシンプル過ぎるだけに欲張って、余計なことを導入しそうになります。全然必要ないのに・・・(苦笑)

  • 投稿日:
  • by
『頑張り過ぎ・やり過ぎは禁物』は、ナカメ式ダイエットの基本。

その基本をもう一度、多くのナカメダイエッターの皆さんにも再確認してもらうためにも、Tさんからのメールをブログに掲載させてもらうね。

ということで、了承をもらっての掲載です。

オッシー先生、こんにちは(・∀・)ノ

こないだは体重計に乗るまで私も知ることもなかった(あえて知ろうとしなかった)くらいの激太り具合で先生を驚かせてしまいましたが、お陰さまでメンテナンス期間中の体重に戻りました。やっとスタートラインです。


また今日も楽しみに行かせていただきますが、後になって、『あ!あれ聞き忘れた』って事が多いので今日は先に質問をしとこうと思って。


最近、フルーツジュースに凝ってるんですが、このダイエット中フルーツジュースの取り方はどうすればいいですか?


もともとはフルーツジュースダイエットという本に感化されたんですけど。朝にフルーツジュースを飲むことで半年で20キロ痩せたという体験をもとに書かれた本なんですが、ミキサーでフルーツジュースを作り飲むと美味しいだけでなく、いつも以上にドッサリ便も出てスッキリするんです。

ナカメバイブルには果物は果物だけで食べると書いてありましたが、その本も同じことが書いてあり、日曜日の昼はフルーツジュースですませました。でもこれがやっていいことか悪いことかわからず、一度先生に確認してみないと…と思って。


食事の時は何を飲んでもいい、とありますがフルーツジュースはどうなのかというのも教えていただきたくて。


とにかくこのダイエット中は食べ物を前より選ぶようになりました。


GI値の低いもの、Lカルニチンをたくさん含むものをネットで調べたりしたのですが、昨日の夕食は失敗だったかもしれません。


昨夜はマグロの刺身と棒だらを主食に食べ、あとは納豆やサラダ、半熟卵をたべましたが、この主食にはLカルニチンがほとんど含まれてないということが今朝判明しました(*с*)


魚介類ではブリ、サバ、赤貝の3種しか挙がってなかったのです。

魚を食べるのは、大体は次のナカメ予約日の直前になってくるので、その頃はストレッチ後の数日間のようにLカルニチンを多く含むものとはあまり考えず、動物性たんぱく質を摂る、くらいで良いですか?

ネットで検索すると、Lカルニチンはなかなか理想的な量をとるのが難しく必ずサプリメントの広告が一緒に載ってくるのですが、そこまでLカルニチンにこだわらなくていいんですよね?


何回もダイエットをしてるのに質問は尽きないです。また今日伺った時に教えてください(^o^;)


ナカメ式ダイエットのルールに、GI値の低いものを摂取すること、Lカルニチンの高い食物を積極的に摂るというルールはありません。


また、ナカメ式ルール以外の自己流解釈や、思い違いで、向いている方向が変わってしまうと、楽なダイエットのはずが、難しく苦しいダイエットに変わってしまいます。


だから、軌道修正のきっかけを返信。

それで、頂いた質問の件ですが・・・ダメですよ(笑)ナカメルールから外れているというより、わざわざ難しくしてしまっていますよ。


ルールには、GI値も、Lカルニチンが多く入っているものを摂取するように推奨するルールはありませんから気持ちだけは前向きでいいと思いますが、今週の食事の摂り方はお越しになった時にもう一度見直しましょうね。

ちなみに、昨夜であればメイン以外の副食(納豆やサラダ、半熟卵)も多いように思います。
メインで量をもっと多く取れるのなら、そちらの方が大歓迎です!(^^)!

フルーツジュースは間食にあたりますよ。お昼の代用などで飲む野菜ジュースも果汁は少ないものの方が適しています。

いろいろと調べて、良かれと思って行なっても、逆にマイナスに働くことがあります。今はその一歩手前!


食べ物を選ぶというより、いろいろな食材を重ならないように摂ることがナカメでは大事ですよ(^_-)
厳選しすぎると、食べるものが限られてしまいますからね。

今日は、まずその頑張り過ぎている食生活を一回、基本に戻ってリセットしましょう。


ナカメ式ダイエットには、基本ルールはあっても正解・不正解はお客様次第です。


だから、食べ物で迷った時などは『これは〇』『これは×』という判断よりも、迷った時には『食べてみる』が大事。


その後の結果で、判断をしてもらうというスタンス。


この繰り返しが、ナカメ式ダイエットの基本ルールに沿った生活の基盤。



先生のお返事で今こうやって書いてるのも聞かなくてもいいくらい、というか、なんでこんなことにこだわってたんだ?というくらい目が覚めた感じですf(^_^;


きっと『やること3つ、やめること3つ』だけのシンプルなルールなだけに欲張って、もっと結果を出すにはどうしたらいいか、と勝手に模索して自分でややこしくしてたんだと(*с*)


ナカメ式ダイエットには、『悩み過ぎも禁物』。

下半身ダイエットお申込み
       

論より証拠】のナカメダイエットってどんなダイエット