『論より証拠』 おっしーBLOG

なかなか減らなかった体脂肪が一週間で3%も減っていた事にビックリしました。冷え性の私に、【金時生姜】の効き目が出たのかなと思いました。

  • 投稿日:
  • by
今日もお世話になりました。ありがとうございました。


今日は弱音?をはいてしまって・・・でも、先生とお話ししてて『もっと楽に楽しくダイエットしなきゃ』と思い、気持ちが切り換えられた気がします。

6回目を終了して届いたSさんからのメールです。

Sさん 164センチ。

初回体重は56・3キロ。体脂肪率は30・2%。脚の皮下脂肪率は36・9%でした。

6回目計測で、体重は51・9キロ。体脂肪率26・9%。脚の皮下脂肪率は33・1%になっています。


『もっと楽に楽しくダイエットしなきゃ』と思い・・・

と、あるようにご本人はかなりの頑張り屋さん。チェック表の“●”を付けてしまうことをストレスに感じて、ストイックにルール生活を送ってしまう手前で、身体はちゃんと黄色信号のサインを出してくれていました。


甘いものが無性に食べたくなり、食べて罪悪感で更に食欲が止まらない・・・という負のスパイラル。


でも、『いつもならこんな風にはならないのに・・・』の行動にはきちんと理由があります。


Sさんの場合、スタートしてから5回目終了まで体重は順調に落ちていましたが、体脂肪率は30・2%から29・6%と微減。


今回、色々なチャレンジによって、脂肪燃焼がこれまで以上に促進されたのでしょう。
前回29・6%だった体脂肪率が、一気に26・9%にダウン。

この一週間、これだけ急激に脂肪をエネルギーとして身体が使うようにスイッチが入れば、身体に余分に付いている脂肪をゆっくり使いながら、血糖値を上げるよりは、手っ取り早くエネルギー補給が出来る間食的な甘い糖質を欲する身体の欲求も当然です。

ダイエット期間中、やるべきこと・守るべきことはすべて行なうことが出来ても、『変化をもたらす』ということに多少躊躇してしまうことって、よくあると思います。


例えば、ナカメ式ダイエットでは皆さん意識してしっかり摂ることをお勧めしている水分補給。

Sさんの場合も、ダイエット以前から水を一日2リットル飲む生活を送られていたそうです。


それでも、長年の冷えや、肩こり、生理痛の酷さに悩まされ続けて、常に体調不良がちだったというSさん。


それが、今回Sさんなりの工夫で、大きな変化が見られました!(^^)!


今日もお世話になりました。ありがとうございました。


今日は弱音?をはいてしまって・・・でも、先生とお話ししてて『もっと楽に楽しくダイエットしなきゃ』と思い、気持ちが切り換えられた気がします。


なかなか減らなかった体脂肪が一週間で3%も減っていた事にビックリしました。
冷え性の私に、先生がオススメしていただいた【金時生姜】の効き目が出たのかなと思いました。


【生姜紅茶】は体を温めてくれるってわかっていながらも、私は少し(てか結構)苦手で、実は飲む事が苦になっていたのですが、先生がオススメしていただいた【金時生姜(粉末)】を購入し、【金時】って事は甘いのかな?と期待をしていたのですが、やはり紅茶に入れて飲むのに抵抗がありまして・・・


そこで思いついたのが、ドラックストアーなどで売っているカプセル?を購入しまして、少し面倒ですが、金時生姜をそのカプセルに詰め込んで、紅茶で流し込むという方法を見つけましたw 


これで体が温まって痩せれるならと思うと、詰め込む作業は別に苦にならないですw 慣れてきたら早いものです。
で、この一週間カプセル生姜金時を飲んで、この結果が出たのかなと思いました。


お肉の量も増やした事も結果に出たかと思います。


先生のところでお世話になって1カ月。体重も着々と減っていき、クローゼットの奥にしまっていた洋服達を取り出して、ファッションショーをしてる毎日です。


肩こりの方も、ほんとに楽になりました。体が健康になっていってるのが良くわかります。


この夏に向けて、白いパンツが似合うように、楽しくダイエット頑張りたいと思いますので、愛のスパルタストレッチ、これからもよろしくお願いします。

日常当たり前の行なう事、変わらずに行なうことにこそ、大きなヒントが隠れていることってあると思います。


知識として得ていても、頭の引き出しから出して“使うかどうか”はご本人次第です。


たくさんの情報を得ようと欲張っても、大切なことは“たった一つを実践してみること”で、十分だったりします


本来、楽に短期間で結果の出る楽しいダイエットのはずが、落とし穴に落ちないように色々な問題を予測して、わざわざ歩く道を細くて窮屈なものにしてしまいがちです。


でも、大事なことは一度落とし穴に落ちて、初めて気づくことです。


そして、同じようにならないように工夫する知恵を持つことです。


Sさんの『頑張り過ぎ』は決して変わらないとは思いますが、でも『ま、いっか!(^^)!』の達人がそばでサポートしていることに、何よりも安心してくれているようです。

下半身ダイエットお申込み
       

論より証拠】のナカメダイエットってどんなダイエット