『論より証拠』 おっしーBLOG

押切先生とは直接お会いした事はありませんが、ナカメサロンの先生方と共に私の活力です。

  • 投稿日:
  • by

【おっしーブログ】は、2008年の5月の神戸サロンのオープン当初からスタートし、なるべく多くのお客様の体験談を掲載出来るようにこまめに更新を続けています。


神戸サロンに通うお客様から届くダイエット中の感想メールを始め、ご相談メールも含めサロンに通われていない方にも下半身痩せダイエットに興味がある方なら興味深い内容を数々をご紹介しております。


ナカメ式ダイエットを行なっている方を最近では『ナカメダイエッター』と呼ぶこともあるようで、ダイエット系のブログやミクシーなどでもよく目に付くとお話を最近伺いました。


神戸サロンのお客様にとどまらず、私の元には中目黒で頑張っている“ナカメダイエッター”からも、とっても有難い情報提供も届きます。

今回届いたメールは現在、中目黒で再開コース中のIさんより。

押切先生

初めまして。現在ナカメサロン3号店に通っているI・Y申します。

突然のメールで申し訳ありません。

まっちゃんブログと共におっしーブログもいつも拝見させて頂いています。
まっちゃんブログとはまた違った切り口でかかれている事も多いのでとても参考になっています(^-^)

さて、この度メールさせて頂いたのは、過去記事をさかのぼっていて2008年5月28日のS出さんの記事を拝見し、私も以前のナカメダイエットの際同じ状況だったからです。

そして今回再開するにあたり、家族と自分が無用なストレスを感じずナカメ生活を過ごすにはどうすれば良いかを考えました。


もう随分前の事なのでS出さんはいらっしゃらないですが、もし同じ状況で悩まれている方・ダイエットに踏み切れない方がいらして、私のやり方が少しでもそういう方の打開策になればと思いメールさせて頂きました。


私の場合父が壁でした。


私の体が心配で言ってくれているのはわかるんですが、短期間だから大丈夫と説明しても夜のお肉お魚がっつりに理解が得られず、結果楽しく楽なダイエットのはずがストレスの多いダイエットになってしまいました。


途中大喧嘩したり、当時担当して頂いていたO先生に愚痴ったり、松田先生にメールで喝をいれて頂いたりと紆余曲折をへて最終的には2サイズは落ちました。


しかし父と衝突したり、目を気にしながらのナカメ生活だったのでなんとなく喜びきれない感じだったんです。


現在、ナカメダイエットは再開コースで、再開にあたり前回と同じ轍を踏まない為に策を講じました。

「残業を理由にしたお弁当作戦」です(笑)実際残業していないんですが…

両親には「当分残業が必要で何時に帰れるかわからないから…家に帰るまでお腹もたないし…」と話し会社のカフェテリアやらネットカフェやらで持参したお肉お魚を心おきなく食べています。


・7時くらいまで時間を潰さなきゃいけない
・夕食が冷たい
・一人でちょっと寂しい


というデメリットはありますがストレスは随分軽減しますよ。(夏場などは会社に冷蔵庫がないとちょっと厳しいかもしれませんが…)


そして休日は自分が夕食を作れば自分の好きなものが食べられます。


私は作りながら夕飯間近にこっそり1~2人分の肉を食べて、その後両親と一緒に残りの1人分の肉と副食を少し食べています。


あとダイエットには直接関係ないですが、積極的家事をして両親の機嫌を良い状態に保つようにしています(笑)


ナカメ生活を始め、休日でも早く起きてなにか体を動かしたくなったりと心身共に活動的になり、普段では有り得ないくらい率先して家事をしています(半分は隠している事への罪悪感からの行動でもあるんですが)。


母にはナカメダイエットを再開する事は話しており、今回始め反対しましたが、これを続けたらなにも言わなくなりました。
むしろ協力的なくらい?


と、長々書きましたが私はこんなやり方で両親に嫌な思いをさせることなく、自分も無用なストレスなくナカメ生活を送っています。


ただ、悪意はないとはいえ家族に嘘をつく事になりますし、仕事などで帰りが遅くなっても不自然にならない人にしか使えない手ですし、すべての方には向かないかもしれません。


なので、こんな方法もあるよーという選択肢のひとつとして頭の片隅にでも置いていただければと思います。


こんな回りくどい方法じゃなくて既にもっと良い方法を押切先生はご提案されているかも…?

今更&出過ぎた事でしたら申し訳ありません!


実は今回再開に踏み切る前、2ヶ月だけ兵庫に住んで押切先生のところに通おうかと本気で考えたんです(笑)
マンスリーマンションの家賃を見て諦めましたが…(^_^;)


でもいつかお会いしてみたいです。
噂の悪魔のストレッチを体験してみたいという気持ちはあるので、関西に行くことがあったら伺うかもしれません!(笑)


長々とまとまりのないメールですみません。
押切先生とは直接お会いした事はありませんが、ナカメサロンの先生方と共に私の活力です。


お忙しいとは思いますが、お体に気をつけて頑張ってくださいね。
東京より陰ながら応援しています。

I・Y

同じナカメダイエッターの為に、こうした実践に基づく経験談を教えて頂けることは本当に有難いことです。


そのIさん自身も『やってみて』『試してみて』のナカメ精神から、自分に合った方法を見出されたのだと思います。


言われたことだけを黙々と守るダイエットルールではないから、


すべての方には向かないかもしれません。

なので、こんな方法もあるよーという選択肢のひとつとして頭の片隅にでも置いていただければと思います。


それでも、こうした努力と工夫を重ねて現在は楽しんでダイエット生活を満喫しているナカメダイエッターの先輩の声はとても心強いのです!(^^)!

下半身ダイエットお申込み
       

論より証拠】のナカメダイエットってどんなダイエット