『論より証拠』 おっしーBLOG

私のようなアスリート体形(筋肉太り)で、太ももの太さや、ふくらはぎの太さはスポーツのせいと諦めていた方には、朗報ですね!!

  • 投稿日:
  • by
きちんと正面を見ているつもりだったのに、施術をしてもらった後の見えている風景が変わった気がします。。。。

最近メンテナンスでお越しになられたお客様からのコメント。

また、通われているお客様の中には、

ひとつひとつ丁寧に背中をさすって頂くと、自分の背骨で上下している箇所があるのを感じます。


私の肩って、右に下がっているんですか?

と、感想を教えてくださるお客様もいて、自分の身体の変化を感じ取りやすくなっている方もいらっしゃいます。

現在、お客様の身体の歪みや筋肉のハリを診る際に、今後導入予定である新しい施術法のチェックの仕方を訓練として取り入れています。


身体の全体の歪みを診ることがとっても大事で、これがなかなか難しい・・・。


立った姿勢でのバランス、座った姿勢でのバランス、うつぶせで寝てもらった状態でのバランス・・・それぞれ歪みの有無と状態を細かく見ていく作業を淡々とこなしていくのです。


最近、先生口数減ったよね・・・おまけに独り言が多くなったんじゃない??・・・笑

そう・・・私が苦手とする脳で考える作業。歪み状態を把握して、整理して、読み取る作業が行なわれている証拠(苦笑)


近年稀にみる口数の少ない時間を、施術の際には少々頂いています。慣れるまで少々お許しくださいませね(謝)


その皆様の大きな温かいお心のおかげで、身体を構成している骨格を丁寧に読み取り、優しく触診していくと、左右対称でない骨を触診で感じるようになってきました。


これは、お客様自身でも気づく方はいらっしゃいます。


身体の不調やツライ症状がないのに、なんか変な感じがする・・・


お客様自身が認識するこの『変な感じ』というのが、骨が捻じれて歪んでいる状態だったりするのです。

もちろん、その『変な感じ』を、脳では変と感じないように、身体は水平・垂直でいられるようにバランスを保とうとするので、他の筋肉が余計に頑張ってみたりすると、そこが要は“力こぶ”のようになって、固く・太く・立派になってしまうのですね。


外力による衝撃などで受けた骨への歪みを元の状態に戻していけば、バランスを保つ為にいつも以上の頑張りで支えていた筋肉は余分な頑張りが必要のない状態になります。


私の場合では、大きくてしっかりとした背中も、太くてたくましい二の腕も、骨盤周りのしっかりとしたお尻も、筋肉質である太ももも、ふくらはぎも、ただスポーツを続けていくアスリートだからではなくて、思い起こせば数多くの捻挫や打撲、思い返せば骨盤まで大きな事故で打撲をしている経験があります。


なるべくして出来上がった今の体型です・・・とほほ。

ただ、光は見え始めています\(^o^)/

骨の歪みを元に戻せば、筋肉の余計なハリがなくなるので、私の脚もサイズダウンストレッチで細く出来るという事(^_-)

・・・自分で自分の脚はストレッチ出来ないんだった(泣)

私のようなアスリート体形で、脚の太さや、ふくらはぎの太さはスポーツのせいと諦めていた方には、朗報ですね!!

下半身ダイエットお申込み
       

論より証拠】のナカメダイエットってどんなダイエット