『論より証拠』 おっしーBLOG

サロンで施術を受けると、不思議とジワジワと身体が暖かくなっていくのよね!

  • 投稿日:
  • by
ヒップは98センチから93センチにサイズダウンしました!!

1年前に8回の通常コースで、体重は64キロから56キロへ、体脂肪率は33%から29%へ見事に数値もサイズダウンもされたSさん。61歳 158センチ。

本日、前回の8月のメンテナンスよりおよそ4か月ぶりにご来店されました。

先日の整体驚きです!!!

お腹のたるみ少しずつ減っています(体重そんなに減っていないのに…)

先日詳しくお話し出来なかった事・・・
実は以前より中性脂肪と悪玉コレステロールが多くて医院から薬を貰っていましたが…思うように減らず増量の相談と、血圧も高くなってしまい追加の薬を勧められていました。

その後、神戸サロンにお世話になり始めて2週間後の8月28日の検査では全ての数値がOKになり、それに善玉コレステロールが増えていました。


と、ご卒業当時には落ち着いていた血圧が最近上がってきて、またお薬を飲まないといけなくなりそうという赤信号間近での緊急再開。


体重は1年で5キロ増。体脂肪率3%増。じわりじわりとリバウンドの足音が聞こえたきたと切羽詰ってのご来店でした。


何も血圧が上がったり、最近頻繁に起こるという頭痛は体重が増えたというだけの原因ではありません。

要は、生活のリズムがまた太っていた時と同じになりつつあるということ。

ナカメ式ダイエットでは、夜の睡眠時間はとても重要です。

昼の交感神経が優位になっている活動的な時が脂肪燃焼に最適であるなら、夜は副交感神経が優位になり、細胞の入れ替えを行う上で、身体を休めるのに最適な時間帯です。


特に成長ホルモンの分泌が盛んな10時から2時と言うゴールデンタイムと呼ばれる時間をおさえて、【12時前就寝】【6時間以上の睡眠】というナカメ式生活ルールは、キレイに痩せる為には必要不可欠になります。

今回のSさんの場合、

夜の食事後は、一旦仮眠 → お風呂 → 深夜に仕事開始 → 朝方から昼まで就寝


とにかく、ナカメ式生活とは真逆な生活リズムになっています。


ただ、シンプルに考えれば、ダイエット以前の生活で薬が必要になるほどの身体の危機感が生まれるのであれば、その逆の生活を送ればいいだけ。

ただ、徐々に夜型に戻りつつあった生活リズムは、陽の光を浴びて1日のスタートを切る生活に体内時計を合わせ、夜になったら身体を休めてあげる為にたっぷりの睡眠をとることで、身体本来の機能は正常に働き始めます。


こうした土台作りに一役買うのも、ナカメ式ダイエットが基本的には特別なことをせずに、当たり前に行なう日常のことに着目しているからに過ぎません。


これで、また薬もいらなくなって、少しスッキリして新年を迎えられそうね。


サロンに来て一安心と、肩をなでおろしたSさん。でも、結果を出す為には、もう一度気を引き締めて【生活リズムの見直しと定着】を今後の課題にしないとですね!(^^)!

下半身ダイエットお申込み
       

論より証拠】のナカメダイエットってどんなダイエット