『論より証拠』 おっしーBLOG

高額エステに3か月通って全く落ちなかった数値が、たった1か月で落ちていくのに自分が一番驚いています。

  • 投稿日:
  • by
若い頃から甘い物好きなもので、いつのまにか脂肪たっぷりの体型になり、何とかしないとと思いながら、ダラダラと過ごしてしまっています。

TシャツとGパンの似合う体になりたいといつも思っていました。

噂で『年齢が高くても健康的にキレイに痩せられるサロンがあるのよ!』と聞いてお越しくださっているIさん。

55歳 156センチ

現在6回を終了。

初回体重 52・9キロ 体脂肪率 32・3% 脚の皮下脂肪率 35・8%

6回目施術前体重 49・5キロ 体脂肪率 30・0% 脚の皮下脂肪率 33・0%

スタート時には入らなくなっていたAGの25インチも、今では23インチが入るまでサイズダウンしています。


今まで、和菓子でも洋菓子でも常に甘いものを食べていないと落ち着かないほどでした。

ナカメ式ダイエットを始めるにあたり、ナカメ式ルール生活に沿って生活をスタートしてから改めて気づくこととしての一番のポイントは、いかに生活の中でムダに糖質を摂る生活を送っていたかということ。


本来は、生活の中で身体が糖質(エネルギー)を欲するタイミングというのは、一番にあげられるのが空腹になっているとき。


食事の消化吸収が終わって、血糖値が下がってくると、またエネルギーを補給しないというサインが出始めます。


ナカメ式ダイエットで【甘いもの好き症候群】や【糖質依存症】のような極度に甘いものをいつも摂っていた方でもその異常な摂り方から卒業出来るのは、ナカメ式オリジナルの食欲抑制のツボ押しの効果があって出来ること。


そして、こうした依存型の摂り方から抜け出すにも、まずは中毒症症状から抜け切るまでに2週間を要します。


甘いものを食べた時の記憶で感じる喜びでの満足感と、お腹がいっぱいになった時に感じる満足感。どちらを優先させるかで考えたら、このダイエット期間では後者。

食欲抑制のダイエット整体のツボ押しには、満腹感も早く来るように出来ています。

満腹感が早く来る効果を利用して、血糖値を急激に上がるような食べ物の食べ過ぎを防いで、新しい脂肪を作らないように出来るのです。


その結果、満足感も満腹感をどちらも手に入れて欲しいというのが一番だから、食べる質を『食べても太にくいもの』で満たすようにしていくのです。


スタートしてから最初の一週間は正直辛かったです。

でも、家でお菓子が目に付くという事は、常に必要以上にお菓子の買い置きをしていることにも気が付きました。

スタートしてから1か月経過した今・・・サイズが短期間でこんなに落ちるのなら、美味しいケーキを食べるのももう少し先でもいいかな~・・・という気持ちになりつつあります。

昔からの体型のコンプレックスだけでなく、『甘いもの症候群』からも抜け出せそうですね!(^^)!

下半身ダイエットお申込み
       

論より証拠】のナカメダイエットってどんなダイエット