『論より証拠』 おっしーBLOG

【主食抜き】ルールはあっても、炭水化物抜きダイエットではありません。

  • 投稿日:
  • by
体重とサイズが落ちるのは、炭水化物を摂らない生活になって、食べる物が減ったからですよね?

まだ、ナカメ式ダイエットをよく理解していないお客様からはこうしたご質問を受けることがあります。

答えは『NO』。

ナカメ式ダイエットは、炭水化物抜きダイエットでもなければ、食事制限ダイエットでもないのです。

このダイエット期間で最も大事なことは、【負の貯金=余分な脂肪】を身体を動かす為のエネルギーとして最優先に使いましょうということ。


身体は摂取した炭水化物類のエネルギーを先に使うので、そのエネルギーが尽きるまでは脂肪燃焼の出番はありません。

だから、このダイエット期間では食欲を無意識のうちに抑制できる【ダイエット整体】のツボ押しによって、少ない食事量で早く満腹感も得られるので、副菜であるおかずだけで十分にお腹がいっぱいになるのです。


そして、お腹が十分に満たされていれば、それ以上食べ物を詰め込む必要はないので、主食系の炭水化物類(ご飯類、めん類、パン類など)を食べなくてもOKで過ごせるのです。


よくある質問のひとつ。

玄米は糖質ですか?主食だから食べちゃダメですか?

答えは『NO』。厳密に言えば、付け合せ程度の量であれば摂っても構いません。

そして、玄米は炭水化物(糖質)ですが、炭水化物は、複合炭水化物と単一炭水化物に分けられます。

複合炭水化物は「米・パン・うどん・そば・いも類」などで、単一炭水化物は砂糖などの「チョコレート・ケーキ・和菓子」などになります。


ゆっくり吸収される複合炭水化物と一気に吸収される単一炭水化物では、糖の吸収率=血糖値の上昇度合いが違います。


ですから、摂るなら複合炭水化物の中でも、玄米や胚芽米・全粒小麦といった精製されていない穀類は、たんぱく質・ミネラル・食物繊維の含有量が多く、ダイエット中にはお勧めです。

また、ダイエット期間中『主食系』の炭水化物は休憩しても、副食として摂る野菜類(特に根菜類であるジャガイモやサツマイモ、カボチャなど)は必要栄養素になりますから、摂らな過ぎてもキレイに痩せなくなります。


そうなると、『では、適量っていうのはどのくらいですか?』との質問が更に続くのですが・・・


これに関しては、

実際に食べてみてください。増えてなくて数値が落ちていれば問題ですよ。

要はその日のご自身のお腹の空き具合や、体調などに合わせて調整してください。


決め事ばかりのダイエットではない代わりに、自分の身体に合わせて微調整すればいいだけのシンプルルールがナカメ式ダイエットなのですね。

下半身ダイエットお申込み
       

論より証拠】のナカメダイエットってどんなダイエット