『論より証拠』 おっしーBLOG

少し食べて満足して→罪悪感→また食べるの繰り返しは癖になります。

  • 投稿日:
  • by

再開コースを9月にご卒業されたTさん。 45歳  161センチ


先月の卒業時の数値は、体重47・8キロ 体脂肪率22・9% 脚の皮下脂肪率27・8%

卒業後1か月後のメンテナンスでは、体重48・0キロ 体脂肪率22・4% 脚の皮下脂肪率27・4%


ご本人的には卒業時に穿けていたジーンズがきつくなった・・・との感想がありましたが、サロンをご卒業されてから1カ月経過した今も、上手に食事をコントロールしながら、食べたいものもしっかり召し上がっているご様子です。


スタート当初、Tさんからご相談されたメールでは、

押切せんせー!!!たすけてくださーい

土曜日に食べたら止まらなくなって、色んな物を食べまくりとうとうチョコレートまで食べてしまったのです( ̄□ ̄;)!!

そしたら三日ほど早い生理になって…

だったら仕方ないなと自分で慰め、いつもは生理になったとたん食欲がなくなるから大丈夫!!!と思っていたのに、なんだかせきをきったかのように甘いものが我慢できずチョコレートをたべてしまって、今日48、7キロまで減っていた体重が50、3キロになってしまいましたΣ(゜□゜;)

食べてはダメと思えば思うほど欲しくなる・・・どーしたらいいですか?

せっかく痩せてきていたのに元通りです°・(ノД`)・°・自己嫌悪です(´□`)

たすけてー(T_T)

とにかく甘いもの、特にチョコレートを食べると止まらなくなるというTさん。

これに関しては、何を隠そう私も長年の経験者です。言わば『チョコレート中毒症』=糖質依存症なのです。


ただ、いつもというわけではないのですが、特に大好きなチョコレートを食べ始めると1個が2個、2個が4個と、自分の中で『食べては危険なもの』という位置づけでたべているので余計に食べてしまうと罪悪感が芽生えてくるのです。


ダイエット期間中であれば、こうした少しずつ食べるクセは、食欲を抑えているツボ押しの効果に影響を及ぼします。


満腹感が分かりにくくなり、水分補給で凌げるほど軽くなっていた空腹感もお腹の空き具合も強くなってきます。


そうすると無意識のうちに食べる量も増えて、順調に落ちるはずの体重が停滞するのです。


このナカメ式ダイエットである下半身痩せがたった2か月間で成功出来るのは、我慢せずに食べたいものを食べても、食べる量を自分で抑えたり、我慢しなくて済むからです。


だから、ダイエット期間中、どうしても食べたくなったら『今日はご褒美day』として1日好きなものを好きなだけ食べられる日を作れば良いのです。

もちろん、食べるなら『落ちなくて当たり前、落ちていればラッキー』の気持ちで過ごすことが大切です。

甘いものが食べたくて仕方ないのに我慢を続けることが素晴らしいことではなく、『甘いものを食べたいと思った時にどうするか』をきちんと身体で覚えることが、卒業後の上手な維持上手にも繋がります。


私のアドバイスは、

元に戻って太ったままということはないですから大丈夫ですよ。まずは『食べちゃいけないもの』という考えは持たなくていいですよ。


食べたかったら、思う存分食べてください。その代わり罪悪感を持たないこと、食べたいものを食べたいだけ・・・極端に言うならもう見たくないほど買い込んで召し上がってください。


その方が身体も心もスッキリします。それがダイエットホリデーの鉄則です(^_-)

少し食べて満足して→罪悪感→また食べるの繰り返しは癖になります。

自己嫌悪も必要ないですよ。大丈夫!大丈夫!!

また、必ず食べたいものを食べるようにしてくださいね♪

さて、その結果・・・

せんせー。

丁寧なお返事ありがとうございました。

なんとか、どかぐいも先生の励ましからとまり、昨日はきちんと○がならびました(^-^)v

お騒がせしました


こうした繰り返しの中で、【太らない食べ方】【食べ方のコツ】を掴んで上手に維持上手名人になっていくのです。

下半身ダイエットお申込み
       

論より証拠】のナカメダイエットってどんなダイエット