『論より証拠』 おっしーBLOG

ナカメ式ダイエットが始まって、家族が驚くほどの食事量を食べるようになりました。

  • 投稿日:
  • by

ダイエットはお試し程度のコースしか行なったことがなかったというIさん 30歳。

今回、サロンへお越しになるきっかけとなったのは、半年前にダイエットに成功されたお母様からのご紹介です。

もともとスリムな体型のIさん。特に年々気になり出したという【お尻の下】と【膝の上に乗るお肉】をなんとかスッキリさせたいという想いで、サロンへお越しになっています。

現在、2回目を終了。

Iさん 155センチ

初回体重は46・8キロ 体脂肪率 28・6% 脚の皮下脂肪率 34・4%

2回目施術前 47・1キロ 体脂肪率 24・0% 脚の皮下脂肪率 30・7%

同時期に再開コースでお越しになっているお母様曰く、

これまであまり量を食べなかったのに、ダイエットを始めてたくさん食べられるようになっています。

家族が驚くほどの量です。


その甲斐あって、最初に一週間で間食のクセも抜け、大好きなチョコレートも食べずに過ごせて、体脂肪率は4%強近くも落ちています。


言わば、常にお腹が空いてもいないのに口に何かを入れていないと落ち着かない状態や、常にチョコレートなど甘いものを食べている状態というのは、余分な脂肪を貯蓄する生活です。


ナカメ式ダイエットからスタートして一番大切な2週間に、この余分なものを溜めこむ『貯蓄型』の生活から、『消費型』の生活にスイッチを切り替えることが出来るかどうかが、ダイエット生活を楽に過ごせるの分かれ道になります。


ナカメ式ダイエットの主要ルールの中の【朝食抜き】は、一日の中で一番長く脂肪燃焼時間として確保出来る時間帯です。


夜寝ている時間も、身体は脂肪を摂り崩して生命維持に努めます。そして朝起きてからの時間は排出が一番良くなっている状態です。

ナカメ式独自の食欲を抑えるツボ押しの効果によって、空腹感のピークも短くなり、空き具合も水分で十分凌げるほどに軽く感じるようになります。


効果の効き目には個人差がありますが、お客様の経験をまとめると、最初の3日間ぐらいまでが少々意志の力も必要としますが、それ以降で徐々に効き目が分かりやすくなるようです。


次に、起きてから初めて口にする食事となる昼食は、消化器官になるべく負担の軽いものが理想です。

一日をフルコースで例えた場合、【お昼は前菜的な軽めのもの】【夜はメインディッシュでしっかりしたもの】が理想的です。


昼食に適しているのが、生野菜など葉物中心のサラダが理想的です。


中にトッピングなどを組み合わせて、カフェなどのサラダプレートのように具だくさんで、大好きなドレッシングなどを変えて召し上がると楽しいアレンジの効いたランチタイムが過ごせます。


そして、夕食に適しているのが、動物性タンパク質をしっかり摂る【お肉・お魚2人前から3人前】メニュー。


ダイエットで敬遠しがちな焼肉や、とんかつ、焼き鳥に唐揚げは、ナカメ式ダイエットではOKです。

ただ、調理法で揚げ物の連続などは人によっては体脂肪率が落ちにくくなったり、停滞に繋がることもありますが、基本的には『食べてみて』反応で対応を考えればそれで十分です。


また、夜の食事バランスは10割食べるうちの【8割から9割がお肉・お魚、あと1割で少々の付け合わせ的おかず・(食べられたら)】が理想的。


このダイエット食事メーニューに加え、何にも替えがたい【12時前睡眠】と【睡眠6時間以上】、そして下半身痩せには不可欠になる代謝を良くするための【ナカメ式下半身浴】


『ナカメ式ダイエットってどんなダイエットなの?』と、興味本位にお友達から聞かれたという、すでにご卒業生されているお客様はこう答えたそうです。

食べないと先生に怒られるから、『食べ過ぎた~』と言うぐらいしっかり食べて・・・夜はパタっと冬眠した熊のように寝て・・・とにかく先生に『あっちこっちも細くして』とリクエストすると、2か月後にはジーンズがブカブカになってたんだよね~

まさにその通り。

下半身ダイエットお申込み
       

論より証拠】のナカメダイエットってどんなダイエット