『論より証拠』 おっしーBLOG

あれから頑張って睡眠をとるようにしていますが、12時台は無理ですが1時台でも随分体が楽なのがわかりました。体重はなかなか落ちませんが、体脂肪は落ちてきてますよ。

  • 投稿日:
  • by

約1年前に初回ご来店になっていたEさん。 47歳 154センチ

初回の施術後の感想として、

家に帰って鏡を見たらお尻の上、尾底骨の辺りがぺこっとへっこんでいるのに驚きました。

全然意識していないのに立ち姿が自然にちょっとお腹を突き出したような背中がピンとのびた姿勢になっているのですね。

すごいなぁと感心しています。プロレス技のようなストレッチも病み付きになりそうな感じですし。

問題はお食事ですが、来週四国におうどんを食べに行こうと誘われていますがお話にあったように無理のない範囲で頑張りたいと思います。本当にありがとうございました!


結局2回目以降、継続して通うことはなく、今回約1年ぶりに本格的なナカメ式ダイエットに取り組むことになりました。

以前一度お世話になりましたが、今回は決心しましたので真面目にダイエットに励みたいと思います。

ついに下の娘がお腹の中にいた臨月と同じ体重になってしまいました。

今度は出すものないですから・・・

月曜日に予約入れさせて頂きましたからどうか宜しくお願いいたします。



1年前より2キロほどアップした状態で再スタートは49・9キロ 体脂肪率は29・9% 脚の皮下脂肪率は34・2%

2回目を終了して、体重は49・7キロ 体脂肪率は28・3% 脚の皮下脂肪率は32・7%。

1年前にスタートした時と何が一番違うのかを尋ねると、お腹の空腹感が感じられずに楽だということ。

Eさん曰く


以前は、とにかく小さい頃から朝食はしっかり食べて抜くことはまずなかったので、しっかり食べることが当たり前で、抜くなんて考えられなかった


ナカメ式ダイエットは一般的なダイエットとはだいぶ違うところもあるので、一般論と比較したり、ある部分だけで意見をぶつけても結局はルール通りの生活にしてみた結果『どうだったか?』を大切にしています。


長年の習慣や、当然と思って続けていることも、それで効果がなく痩せないのであれば、痩せる生活にスイッチを切り替える必要があるのです。


実はEさんは、医療関係のお仕事に携わっている関係で、色々な勉強会などにも参加し、たくさんの知識をお持ちです。


今回、糖尿病の勉強会での一節で、朝は一番血糖値の上昇する時だから、一日の食事の中においては、一番軽めに済ませ、昼と夜とでカロリーを分散させることが好ましいという話を聞いて、ナカメ式ダイエットルールの【朝食抜き】が改めて理にかなっている実感されたようです。


もちろん、ナカメ式ダイエットルールにおいては、ダイエット期間中の食欲との戦いを【ダイエット整体】のツボ押しによって、無意識のうちに食欲を抑えることが出来る為に、脂肪燃焼時間をより長く確保するために【朝食抜き】ルールがあります。

夜は、寝ていても身体は省エネモードの中で心臓を動かし、呼吸したり、食べた物を消化したりと血糖値は安定しています。


起きた時が、一番血糖値が下がっている状態で空腹感を強く感じるところですが、ナカメ式の独自のツボ押しによって空腹感は無意識のうちに軽く感じるようになり、水分補給をしっかりすることで軽めの空腹感も凌げるようになります。


逆に朝食をしっかり食べると、血糖値の上昇とともに、食べた物の消化が終わった頃の血糖値の下降時に感じる空腹感も強く感じるので、食欲をコントロールするのが難しくなってしまいます。


現在、神戸サロンでも糖尿病1型と呼ばれる常にインスリン投与を行なわなくてはいけないお客様のダイエットも、これまでの糖質の過剰摂取の生活から、ナカメ式のツボ押しによって血糖値の変動が激しくなくなったことにより、


・食欲を無理にコントロールしなくてすむようになったこと

・血糖の数値が安定してきていること

・身体が楽になったこと


こうした変化がダイエットの効果と共に報告されています。


身体には十分にエネルギーとして蓄えられている脂肪が備わっています。


まずはこの余分なものを使い切る生活にチェンジするためのダイエットルールが、ナカメ式ダイエットの基本です。


でも、ルール自体を理屈では分かっていても、要は食欲を無意識のうちに抑えることが出来るオリジナルのツボ押しあってこそ実感できる【我慢しないで食べるダイエット】なのです(●^o^●)

下半身ダイエットお申込み
       

論より証拠】のナカメダイエットってどんなダイエット