『論より証拠』 おっしーBLOG

【12時前就寝】を初めてきっちり守って、体脂肪率4%減!!! やっぱり睡眠は

  • 投稿日:
  • by

スタートしてから4回目ですでに7号サイズから5号サイズにサイズダウンされたAさん


以前のブログでサイズは落ちているものの、体脂肪率に変化がなかなか見られない原因として【9時前夕食】と【12時前就寝】がほぼ●で過ごしているという現状をお伝えしていました。


ダイエットには直接的に関係ない【9時前夕食】も、食べたものの消化時間を考慮した時に、あまり遅い時間の食事は消化時間がかかることや、胃腸系への負担も考えあまり好ましくありません。


もちろん食べ物の代用などがきく食事と違って、何にも替えがたいのが質の良い睡眠時間の十分な確保。

最低でも6時間以上の睡眠時間と、なるべくなら成長ホルモンの活発になる10時から12時というゴールデンタイムは外さずに睡眠をとることにより、細胞組織の入れ替えも活発に行なわれる為に痩せやすいのです。

だから、【12時前就寝】は、キレイに痩せる為には食べること以上にきちんと厳守したい大切なルールです。

Aさんもびっくりした、今回6回目の計測結果。

5回目の数値と比較すると、体重は45・6キロから46・0キロへと400グラム増。


それに比べて、この連休中はダイエットをスタートして以来、初めてほぼきっちりナカメ式ルール生活で送れたとのこと。

結果は、体脂肪率は5回目27・4%から23・1%と、4・3%減。


食べるものはさほど変化していないんですけど・・・


そして、先週と明らかに違うのは、

 

【12時前就寝】に●が付いていないこと。【9時前夕食】に●が付いていないこと。


以前までなら、どちらも当然のごとく、『しょうがないから』という理由で●を付けていたとしても、
この数値の変化を目の当たりにすれば、【落とす為にどうすべきか】がおのずと見つかっていきます。


要は、特別なことを更に加えるのではなくて、落ちた時の生活をそのまま続ければいいだけなのです。


こちらがいくら睡眠の重要さ、試着の大切さを伝えても、やはりご本人がその重要性と必要性を体感しなくては意味がありません。


その代わり、一度でも経験することで、『何をすれば落ちるのか』が明確になります。

良かったことは繰り返して、悪かったものは続けないこと。


【12時前就寝】の重要性も、【9時前夕食】の必要性も、アタマでは痩せる為には必要と分かっていても、大切なのは実際にその行動に移せるか、どうかということです。


アタマとカラダが一致しなければ、良い結果は生まれません。
その代わり一致すれば、いとも簡単に痩せるコツが掴めるようになります。


いつもしつこいほどクドクドとこのことを言い続けてきた私の粘り勝ち・・・でしょうか(^_-)-☆

下半身ダイエットお申込み
       

論より証拠】のナカメダイエットってどんなダイエット