『論より証拠』 おっしーBLOG

パンツサイズは2つぐらい確実に落ちていますよ。手持ちの一番細かったパンツも今ではユルユルになるほどです。

  • 投稿日:
  • by

スタートから1カ月間はバランス整体のみで歪み矯正中心に施術を行なっていたKさん。 

延長コースに入り、現在12回を終了しています。

最初の一カ月間は、身体の歪みがひどかった為にバランス整体の調整を中心に行ない、身体のバランスが整ってきたところで、本格的に5回目からサイズダウン整体のストレッチも膝に負担なく受けて頂けるようになりました。


パンツサイズは2つぐらい確実に落ちていますよ。手持ちの一番細かったパンツも今ではユルユルになるほどです。

スタート当初、62・6キロあった体重は56・6キロへ。体脂肪率は34・4%から32・6%へ。

脚の皮下脂肪率は38・3%から35・6%へ。

そして、8回目まで順調に落ちている体重に比べて、体脂肪率の変化があまり見られないことに着目。

12回目を終えて頂いたメールでは、


昨日プールでの体重が55.8キロになってました。


それから夕食でしたのでまた56キロを越えましたが、今朝は56.2キロに・・・やはり赤身の牛肉と睡眠の成果が現れました。


あと1回、修正した目標になります


スタート当初目標だった数値目標【56キロ】。


更に目標設定を下げて【上がっても56キロ】になるぐらいに突入するのが当面の目標です。


ナカメ式ダイエット期間中に、一番皆さんに喜ばれ、逆に不思議がられるのが、夜にお肉・お魚をお腹一杯になるまで食べていい事。


おまけに揚げ物でも、焼きでもOK。


ダイエット中に揚げ物なんて・・・と、驚く方がほとんどですが、ナカメ式ダイエットでは、逆にお肉・お魚である【動物性タンパク質をガッツリ!!2人前から3人前】をコンスタントに毎日食べれていないとキレイに脚痩せが出来ないのです。


下半身痩せには不可欠なサイズダウン整体のストレッチによって、微細に皮下筋肉を壊し、修復の際のエネルギとして脂肪をより燃やしやすくし、壊れた筋肉の再生には不可欠な動物性たんぱく質を細胞の入れ替え時間である夜に、より吸収されるようにたっぷり摂ってもらいたいのです。


要は、ガッチリ食べて痩せるダイエット法が、ナカメ式ダイエット。


お肉の種類もどのアミノ酸が身体に必要か分かりません。お肉の種類の偏りなども、キレイに落ちにくくなる原因のひとつです。


その中でも、お肉扱いしがちな、シューマイや、餃子、ハンバーグなどひき肉を使ったものや、脂肪の多いバラ肉などは体脂肪率を落とすのにはあまり適していません。


食べてもいいですが、扱い的には副菜(おかず)扱いと考えるといいでしょう。


ナカメ式ダイエットで理想とするお肉は、塊のお肉で、がっしりと食べ応えあるもの。


そして、脂身の多いものより、赤みが理想です。


夜の食事バランスは全部で10割だとすると、『お肉・お魚8割』で『おかずが2割・・・(食べられれば)』


この食事バランスをきちんと守ると、

今朝は56.2キロに・・・やはり赤身の牛肉と睡眠の成果が現れました。

延長コースに入った時点で、57・7キロだった体重は3週間で56・6キロへ。

体脂肪率は34・1%から32・6%へ。 脚の皮下脂肪率は37・4%から35・6%へ。

この年で、体脂肪率が落ちるなんて思わなかったです。


基本ナカメ式ルールを忠実に守れば、結果は後から必ず付いてきます。

下半身ダイエットお申込み
       

論より証拠】のナカメダイエットってどんなダイエット