『論より証拠』 おっしーBLOG

痩せやすい身体を手に入れる為に必要な『最初の2週間』

  • 投稿日:
  • by

2回目を終了されているIさんからの質問メールです。

押切先生

先週2回目でお世話になったIです。


前回伺ってからの毎日、間食の黒丸が消えないのですが、
特にこの3日間は食事関係が黒丸だらけです。


ちょうど生理が始まったのでそれを言い訳にしていますが、
体が本当に食べることを必要としているのか、習慣や炭水化物中毒のためなのか違いがよくわかりません。


何かよい方法をご存知でしょうか。

ナカメ式ダイエット期間がどうして2か月間8回で下半身痩せの結果が残せるかというと・・・


特別な運動を毎日するわけでもなく、食べるものを『○○だけ』と限定するわけでなく、何かを加えるダイエットでなく、【余分なものを捨てるダイエット】なのです。


だから、今まで太っていた生活、痩せなかった生活で身体の中に貯金していた余分な脂肪を普段の生活でエネルギーとして使ってしまおうというのが、ナカメ式ダイエットの考え方。

その一番の強力な味方がダイエット整体のつぼ押しなのです。


お腹が空いたと感じる食欲は、全く感じなくなるわけではありません。水分補給で凌げるほどに軽く感じるようになり、またお腹が空いたと感じるピークの時間も短く感じるようになってきます。


ただ、このダイエット整体のつぼ押しも、効き目がきちんと定着するまでに約一週間ぐらいかかります。


この間に、ダイエット前の生活の習慣が抜けずにいると、


体が本当に食べることを必要としているのか、習慣や炭水化物中毒のためなのか違いがよくわかりません。


意思の力で食欲を抑えることは、必ず反動がきます。


要は、脂肪の元になるものは入れない代わりに、他のものでお腹を満たすことが出来ていれば余計なものを食べる必要はなくなります。


ただ、大事なのは【本当にお腹が空いていて食べたいのか】【ただ、口寂しく習慣が抜けていないのか】をきちんと身体で感じることが大事。


習慣で『なんとなく』食べている限りは、ダイエット整体のつぼ押しの効果も徐々に効き目が分かりにくくなってきます。


『なんとなく』で食べる間食的なものには、血糖値を急激に上げるものが多いから、同じく消化吸収が終わると急激な空腹感に襲われます。


『なんとなく』で食べてしまうのであれば、これは完全にもう一度リセットする必要があります。


『どうしてもお腹が空いて食べてしまう』ということであれば、脂肪燃焼を助け、食欲にフタをする役目がある【フラックスオイル】をお勧めしています。


フラックスシードオイルは、体内の余分な脂肪を分解して、中性脂肪を燃焼させるアルファリノイン酸を豊富に含んでいます。


飲み方は簡単。


フラックスオイル、スプーン大さじ1杯をそのまま飲みます。


飲むタイミングは、だいたいお腹が空く1時間前というのが重要です。お腹が空いてからでは食欲にフタの役目はなくなってしまいます。


午前と午後に分けて飲むなら、お昼は10時ぐらい、午後は3時ぐらいとだいたい目安を付けて飲む習慣をつけてみて様子をみます。


ナカメ式ダイエットの最初の2週間がとっても大事な理由は、身体を『余分なものを溜め込む身体』から、『余分なものをリサイクルするカラダ』に切り替えられるかどうかの、言わば試験のようなもの。


だからこのナカメ式ダイエットは『絶対に必ず痩せますよ』とは決して言いません。


ただ『ナカメ式ルールを守り、淡々と過ごして頂ければ、必ず結果がついてきます』とは、言い切るのです(*^^)v

下半身ダイエットお申込み
       

論より証拠】のナカメダイエットってどんなダイエット