『論より証拠』 おっしーBLOG

同じように悩み、努力している方々がいるということが大きな心の支えになっていたように思います。

  • 投稿日:
  • by
前回1クール目の反省を踏まえ&ナカメルールに関しましても、幾分か理解が深くなっているかと思いますので気合だけは準備万端状態です(>∀<*)!足が細くなりたいです。よろしくお願いいたします!

卒業後、3か月のメンテナンス期間をおき、年末年始のイベント前に卒業すると決めて、5回限定の【プチ再開コース】にチャレンジしたNさん。

27歳 157センチ

6月のスタート時59・0キロだった体重は、8回目で55・5キロ。
27・3%だった体脂肪率は、25・5%まで落ちていました。

更に、再開コースのスタート時は55・4キロだった体重が、5回目施術前で53・1キロ。体脂肪率は25・1%から23・9%へ。

現状維期間も含め、この半年間で6キロの減量に成功されています。

約一か月間のプチ再開コースを終えた感想メールが届きました。
押切先生へ

再開コース、お世話になりましてありがとうございました。

私としては満足のいく結果が得られました。
(そんなに大してサイズダウンできていませんが)

勝因は、やはり前回の反省点をきちんとクリアできたことではないかと思っています。

すなわち、ただただ基本に忠実にするということ。

あともうひとつはブログを通じて間接的にですが、戦友というか、同じように悩み、努力している方々がいるということが大きな心の支えになっていたように思います。

明日から一つ目の忘年会がはじまりますが、せっかく手に入れた今の状態を出来るだけ維持出来るよう、過ごしたいと思います。

次の目標設定の3月、メンテナンスをはさんでですがまたお世話になります。

次回課題は数値の面でもいろいろありますが、一番はバストを落とさないこと。

(そのためには胸の脂肪から落ちちゃう前に、もっと下半身をあたため、代謝をあげるべきなのでしょうか??方法があったら教えて下さい)

よいお年をお迎え下さいませ。

二人三脚のパートナーとしてサポートして下さって、ありがとうございました。感謝しています。

前回のダイエット期間中には、こんなメールも届いていました。

モチベーション維持の方法についてアドバイス頂きたくてメールしました。

結果が出ないというフラストレーションに負けそうです。

ルールを間違いなく読み直しました。ここからが再スタートですが、
他の人には出来てる事が、(結果を出すこと)どうして私にはできないんだろう?(実例も知っているだけに)と生理前だからか、ネガティブにネガティブに、憂うつな発想ばかりです。

最近は本当にイライラするし、悲しくなってきました(;_;)

たぶんこれではナカメ式を楽しみ、良い循環でどんどんやせて行く人達の
全く逆のパターンで、負のスパイラルにはまってしまいそうです。

ルールを守ることはひとつも我慢や努力が必要ではありませんし、そういった意味での苦痛はありません。

目標をもち、その目標の為にまじめにルールを守る。

それ以外の気持ちの持ち方というか、低迷期のやる気の保ち方などありましたら教えていただけませんか?!

基本ルールを守れていれば、【何が落ちない原因か】はおのずと見えてきます。
他の人には出来てる事が、(結果を出すこと)どうして私にはできないんだろう?


比較対象は、他人ではなくあくまでも自分なので『昨日の生活』『今日の生活』で落ちない原因を生活の中から見つけていくことが大切なのです。

モチベーションを上げることよりも、自己分析が必要であることもあるし、
分析結果で見えてきた問題点を発見だけでなく、実行に移す行動力も大切です。

要はアタマで理解しても、行動が伴わないと『結果』に結びつかないのです。
勝因は、やはり前回の反省点をきちんとクリアできたことではないかと思っています。

Nさんは前回の反省点として、
◆今回の反省点
①お酒とお酒の席での過食を控えること
②睡眠をきちんととること
③試着にもっと行くこと
④下半身浴を必ずすること

満腹感を超えて食べれば、つぼ押しの効果が半減してしまうこと。

睡眠をきちんと摂らなければ、いくら動物性のタンパク質をしっかり摂っても、寝ている間に細胞の入れ替えが行われて、筋肉の皮下組織の修復に充てられる時間が短くなってしまうこと。

試着をしなければ、見た目では分からないサイズの変化を感じにくいこと。

下半身浴で血行を良くして代謝を上げないと、脂肪が燃えにくくなってしまうこと。

どれもが大事な要素であり、きちんと守れば、十分に結果が出るということ。

ダイエット期間中、一番しなくていいことは、反省や懺悔や、気持の切り替えをしょっちゅうすること。

逆にして欲しいことは、落ちにくくなっているときほど、当たり前になっている自分の行動を、もう一度冷静に分析することが必要ですね。
下半身ダイエットお申込み
       

論より証拠】のナカメダイエットってどんなダイエット