『論より証拠』 おっしーBLOG

ダイエット中の私が家族を焼き肉に誘ったら驚いてました(笑)

  • 投稿日:
  • by
2回目の施術を終了されたIさん。55歳 154センチ

神戸サロンへお越しになるきっかけとなったのは、同年代の友人であるSさんからのご紹介。

初診登録の際に頂いた【神戸サロンにかける思い】には、こう綴ってありました。

今まで、真剣にダイエットに取り組んだことはありません。年齢とともに健康のためにダイエット成功させたいです

初回体重は67・1キロ 体脂肪率は39・0% 脚の皮下脂肪率は46・3%

2回目施術前の体重は65・9キロ 体脂肪率は39・4% 脚の皮下脂肪率は46・6%でした。

これまで本格的なダイエットに取り組んだ経験のなかったIさんが初めてチャレンジすることになったのがナカメ式ダイエット。

初めて受けたサイズダウン整体ストレッチは、言葉にならないほど衝撃だったご様子です。

初めてサイズダウンストレッチを受けての感想メールでは、

さて、昨日の初体験ストレッチですが、夜おふろに入るとき気ずきました。

太ももとくにお尻から付け根、柔らかいんです。

お肉がポニョポニョ、お腹周りは前からポニョではありましたが、お尻もポニョポニョ。

夕食はしっかり200gのステーキ完食しました。

今朝鏡を見て、心なしかお腹周り少し小さいような気がします。

ポニョポニョお肉を支えに来週も、衝撃的なストレッチよろしくお願いします。


ナカメ式ダイエットでの下半身痩せには、絶対的に不可欠はサイズダウン整体のストレッチは、ただ気持ち良い伸ばすだけのものとは全く別物です。

簡単に言うならば、外力に反発する力を利用してのストレッチだから多少キツさも感じます。

また、ストレッチのキツさには個人差があって身体の硬い方は可動範囲が狭いので、脚を少し伸ばしただけで十分に効いているのが分かります。

逆に柔らかい方というのは伸ばし系のストレッチに身体が慣れている為に稼働範囲が広い分、ある一定の位置で止まるように工夫しながらストレッチを行なっていくのです。

とは言え、身体の硬い方でも、柔らかい方でも共通して言えることが、

自分では伸ばせないような箇所をグッ~っと伸ばした感じ

外力に対しての反発ストレッチだから、力の入れ具合はお客様自身が戻す力と同じ分だけこちらが負荷を少し掛ける程度。

それでも、筋組織の深い箇所まで効かせる7秒間の反発ストレッチでは、終わった後の疲労感やダルさは運動後と同じような感覚です。

なぜ?ダイエット中なのに焼き肉もステーキも、唐揚げもトンカツもOKなの?というご質問・・・。

このサイズダウン整体の反発ストレッチによって壊された筋肉の皮下組織の修復に使われ、また修復を行なう際に脂肪をエネルギーとして利用するのです。

壊れたものを修復するのに必要な分の動物性のタンパク質が、通常の2倍から3倍必要なだけに、ナカメ式ダイエット期間中は『夜はお肉・お魚をしっかり2人前』を合言葉に、毎晩の食事でしっかりとした栄養を摂るようにしてもらうのです。

またストレッチ後の脚はというと・・・

太ももとくにお尻から付け根、柔らかいんです。
お肉がポニョポニョ、お腹周りは前からポニョではありましたが、お尻もポニョポニョ。

筋肉に刺激を与えることで血行促進を促し、また脂肪が燃えやすい状態になります。

例えば、お肉のたっぷり入ったお鍋を想像してみてください。

翌朝、余った鍋を覗いてみると・・・白い塊がガチガチに固まっています。これが、冷えて凝り固まった下半身の脂肪と同じなんですね。

ただ、コンロにより熱が入ると、それは溶け出してスープになりサラサラ状態に。

このサラサラ状態にする為の熱=サイズダウンストレッチの刺激と考えて頂くといいかもしれません。

運動も必要ないし、マッサージを特別に受ける必要もありません。必要なのは、

①代謝を下げない為のナカメ式下半身浴でしっかり下半身を温めること
②お肉・お魚をしっかり二人前は毎晩食べること
③週に一回、押切の鬼ストレッチを受けること

不可能と言われる脚痩せだけに特別なことが必要そうですが、基本は至ってシンプルなんですね。

健康的にムリなく痩せることが出来て、ダイエット後も体重維持のコツが身に付くこと。こうしたことが2か月間で身体に備わるのも、年齢を問わずにサロンへお越し頂けるナカメ式ダイエットの特徴かもしれません。
下半身ダイエットお申込み
       

論より証拠】のナカメダイエットってどんなダイエット