『論より証拠』 おっしーBLOG

最近ハマっている“下半身冷え”解消法です・・・

  • 投稿日:
  • by

日頃、冷えを緩和する為に、試行錯誤して色々な解消法に取り組んで

いらっしゃる方も多いと思います。



私自身も、そんなに冷え症である自覚はないのですが、

実際に“変化”を感じることが出来たので、それも合わせて

ご紹介したいと思います。



先日施術を行なったお客様の足の甲に見慣れない傷を発見。



気になって聞いてみると、



“冷えを解消する為にカイロを張っていたら、ただれてしまった”と、

おっしゃるのです。



これが俗にいう“低温やけど”というものなのだと思います。



カイロなどを冷えている足先に張って長い時間過ごしたりすると、

長時間、直接触れている箇所は、ジワリジワリと中まで熱を通して、

皮下組織を壊してしまうそうです。



目に見えているやけど痕とは違い、組織の土台となる深い部分の皮下組織を壊しているから、修復にも想像以上に時間がかかると言われています。





実際に見たお客様の足先も色が黒ずんで、カサカサになって

いる状態。



特に下半身太りの方や、お腹周りにも脂肪がたっぷり付いている女性は

自覚がない方も多いほど、冷えが慢性化しています。



下半身痩せで必要なのは、代謝を良くすること、冷えを解消する事も

とても重要です。



ナカメ式ダイエットでのお約束ルール『ナカメ式下半身浴』でも、

必ずしも“熱めの温度で”は必須であっても、ただ温度を上げればいいと

いうわけではありません。



長年の慢性的な冷え症や、末端冷え性ともなると、

温度を感じ取る足先の感覚も鈍くなっていて、なかなか汗をかきにくい方が

多いはずです。





習慣づいている、こうした温度の上げ過ぎも、低温やけどを引き起こす

要因になってしまうことも稀にあります。



少し熱めのお湯で、じんわり汗が出るのが目安、

温めた下半身にお水をを当てて赤くなるのが目安。



これが、長い時間必要としない、ナカメ式下半身浴です。



ですから、この季節少し上半身が寒いと感じてきたら、

すぐに温度を上げるのではなくて、



・要らなくなったシャツなどを胸のあたりで切り、上に羽織って下半身浴。



・お水をかける頻度を多くして、より冷えた箇所を温める血流を良くする。



・発汗を促す為の、岩塩が入った入浴剤などを使って見る。





こうしたことを試すこと。



また、下半身浴から出たあとの保温効果を持続させて、

眠りにつくまでも大事。





せっかく温まった下半身を冷えないようにする為の試行錯誤の結果、



最近、私がハマっている下半身浴後の保温法はと言うと・・・



?下着の上にユニクロのヒートテックタイツを穿いて・・・



?その上に、ふくらはぎには足先だけちょこっと出るぐらいにした

レッグウォーマーを穿いて・・・



?その上にようやく長ズボンのスエット



その姿はと言うと、かなり『・・・・・』ですが、

翌朝のふくらはぎの固さや、

就寝途中で起きてしまう事などからも、解消されつつあります。



実際に皆さんに同じ効能があるかは分かりませんが、

身体を傷つける方法とは違うので、是非お試しあれ。



何といっても、低料金ですべて揃ってしまうシロモノばかりですし(笑)

下半身ダイエットお申込み
       

論より証拠】のナカメダイエットってどんなダイエット