『論より証拠』 おっしーBLOG

早速ユニクロに行ってスキニーを試着してみましたよ。ストレッチ素材だったからか、26インチまでは太ももがパンパンでしたが、割とすんなりはけました!

  • 投稿日:
  • by

2月よりナカメ式ダイエットをスタートしているTさん。



26歳 163センチ。



職業は、訪問看護専門の看護師さん。



3回目の施術終了後に頂いたメールです・・・



今日はありがとうございました。



ネックレスを忘れたこと、今メールを見て気がつきました。

次回は忘れないように持って帰ります。すみません・・・。



今日はあの後、早速ユニクロに行ってスキニーを試着してみましたよ。



ストレッチ素材だったからか、26インチまでは太ももがパンパンでしたが、割とすんなりはけました!



しかし25インチは、上まで上がることは上がったんですが、

ファスナーもボタンもとまりませんでした。

けど26インチがパンパンでしたが入ったことはうれしかったです♪



うれしいことがもうひとつ!

帰宅後、すっきりと便が出ました!!!



昨日ミルマグを飲んで整っていたところにマッサージをしていただき、

また歩いたこともよかったんでしょうね。



あと、夕食はステーキを食べました。ステーキ肉が3枚で千円を切っていたので買っちゃいました(^^)



また次回の整体まで頑張ります!!!







初回体重は54・0キロ 3回目で52・4キロと順調に落ちています。



初回体脂肪率は23・2% 3回目で23・6%。



まだまだ夜の食事の摂り方である【お肉・お魚はガッツリ2人前ぐらい】が難しいとおっしゃるTさん。



食事会や、外食が多ければ、尚更摂れる量というのは決まってきます。



ただ、このナカメ式ダイエットが始まれば、話は別[:汗:]



このナカメ式ダイエットは、体重をただ落とすダイエットではなくて、

脚を細くする下半身痩せが目的だから、特に脚を引き締める事には

不可欠なサイズダウン整体の効果を最大限生かすために、

【夜の動物性タンパク質ガッツリ】は

必要不可欠なルールなのです[:ひらめき:]



もちろん、お肉やお魚をただ食べれが痩せるというわけではないですし、

カラダが必要とする量を無視して食べることでもありません。



ここからは、ナカメサロンの松田先生の【論より証拠ブログ】より

引用しました・・・



サイズダウンストレッチで脚の筋肉を微細に広範囲に壊して、その再生力を利用して体脂肪を燃やそうとするから、筋肉の再生を促すために、良質のタンパク質の摂取が必要になる。



アミノ酸スコアを考えたら、お肉や魚には、大豆のような食品は敵わないのである。



大豆製品は、維持期にはお勧めだけど、下半身ダイエットを目的とするナカメダイエット中は適していない。



かといって、サイズダウンストレッチがないのに、肉食ばかりしていたら、過剰摂取である。



肉の過剰摂取は生理にも影響がでるし、LDLコレステロールの値だってあげてしまうだろう。



質のことをいうと、脂身の多い安いお肉は不可である。霜降りになった高いお肉も不可である。赤身の多い塊肉がお勧めである。



ナカメルールには<同食なし・違食する>の原則があるから、同じお肉ばかり食べなくていいが、赤身の点からいえば、羊、牛、豚、鳥の順番で、ダイエットには適している。



量は、自分の手のひらくらいの大きさで1人前くらいだから、ナカメダイエット中は両手のひらくらい食べるつもりで。



ダイエット整体の効果で満腹感が早く来るようになっているはずだからそんなには食べられないだろうけれど。




アタマで掴むのではなく、カラダで感じたことが一番大事な

ナカメ式ダイエット。



だから、どのくらい食べたらいいのか分からないなら、夜は他のおかずは一切食べずに、お肉だけをお腹いっぱい食べてみればいいのです[:楽しい:]



試したことがないことを心配する前に、試すことが一番[:ひらめき:]



3回目の施術終了後には・・・

今日はあの後、早速ユニクロに行ってスキニーを試着してみましたよ。



ストレッチ素材だったからか、26インチまでは太ももがパンパンでしたが、割とすんなりはけました!




カルテには初回“ジーンズサイズ 28インチ”と書いてあります。



すでに3回目で2サイズダウン[:ひらめき:]



ブランドの違いはあるにせよ、ダイエットをスタートとして3週目でも

確実に変化している下半身をどんどん感じるために、サイズダウン整体後の試着は“恒例儀式”となるといいですね[:ニコニコ:]

下半身ダイエットお申込み
       

論より証拠】のナカメダイエットってどんなダイエット